新着Pick

大赤字!通販「ベルメゾン」が苦戦する理由

東洋経済オンライン
女性向け通販「ベルメゾン」などを展開する千趣会が惨たんたる状況に陥っている。2月8日に発表した2017年12月期決算では、営業赤字42億円(前期は11億円の営業黒字)を計上。商品の減損などもあって、最終赤字は11…
233Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記が昨年10月発表の千趣会中計資料。現在の不振(SPAの目的化等)や今後の対策(セグメントを絞る等)について、記事に書かれているようなことが記載されている。財務をSPEEDAで見ても、PLはもちろんだが、回転期間についても仕入れ回転日数が低下(より早く支払いを求められている)な気になるところ。
今後はどうなのか、という点では個人的に中計資料を見てあまりワクワクできなかった。スライド32に実行会員数の年齢分布があるが、一番のボリュームゾーンは40前後。Amazon Primeやニトリも攻勢をかけていて、都度買いは多少あっても習慣化ができるイメージが正直ない。
これまでの歩みと併せて商品開発についての反省も中計資料にでている。昔できていて今できていないこともあるだろうが、昔は他社がやっていなくて今は他社がやっていることもある。特にベルメゾンが力を入れている女性衣料や雑貨は、そもそも分散していて参入も多い業界。GMSとかもやっていたなかで専門店に負けたのも競争環境の変化。資料を見て「誰が、なぜ」選択するのか、他社はなぜ模倣できないのかは正直見えなかった(そもそも模倣不可能な事業を作るのは極めて難しいが…)。
https://www.senshukai.co.jp/main/top/pdf/171027_mid-plan.pdf

ちなみに…先日友達から聞いた小話。千趣会の名前の由来は元々こけし販売から始まって、その仕入れ先が「こけし千体趣味蒐集の会」だったこと。
https://www.senshukai.co.jp/main/top/about/history.html
商品数が多い=商品開発に携わる機会が多い、という理由で千趣会行った学生さんいたなぁ、、、。今どんな感じなんだろ。