新着Pick
178Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「僕はね、もう日本は「俺たち遅れたよね」と一回認めて、世界の最先端を追う戦いからは退いた方がいいと思ってるんです。」

この言葉には賛成できませんね。

中国人は、政治でもビジネスでも「勝った負けた、正しい間違い」などの二者択一的な思考を持っています。
中国人が日本を遅れてると思う理由の一つに、中国を訪れる日本人が「日本は衰退している、もう駄目だ」なんて真顔で言うことです。
中国人はそれを聞いて「あ、そうなんだ。日本は衰退しているんだ」と思うのです。
だから、多少おおげさでもいいからちゃんと日本の強みを相手に伝えるべきなんです。その方が中国人が真剣に対応してくれます。

かつて「二番目じゃ駄目なんですか」という名セリフ?がありましたよね。
負けを認めろという言い方は、日本人としては美徳かもしれませんが、ビジネスや研究開発の第一線で必死に戦っている日本人に対しては何のメリットもなく、失礼な言い方です。
今回のインタビューで最も驚いたのは、福田さんが、「日本はビジネスにおける負けを一度認めたほうがいい」とおっしゃられていた点でした。

私も昨年末に中国に出張し、レンタル自転車やモバイル決済が当たり前に使われている光景を見て、日本よりも「進んでいるな」と感じました。ただ、サービスの細部がとても雑なのは事実で、すぐにWeChatが使えなくなるということもありました。福田さんがおっしゃられている通り、そこに日本企業のチャンスがあるのかもしれません。

本日で3日間の連載が終わります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
総理を目指すのかーー。この質問に対して、うまくはぐらかしながらも、決して否定をしなかった福田さんに、とても人間味を感じた取材でした。
『欧米のアングロサクソンの人たちや中国人っていうのは、「ビジネスモデルを作ること」が得意だと思っているんです。』
自己主張や獲物(ビジネス)を見つける感覚は、日本人より中国人の方が欧米に近い感覚を持っていると思う。
「日本はこれだけ技術的に優れているのに、何故外資は中国に研究所を作るんだ」と思っているのは、残念ながら日本人だけです。

『日本人というのは、すでにあるビジネスモデルを磨く、作り込む、(中略)本家本元を超えちゃうくらい素晴らしいものを作り出すことができる』
自分たちの弱みと強みを知る事は重要。
「いや昔はウオークマンやビデオを世に送り出した」なんて言っててもしょうがないでしょう。

産業界で不利な戦いをせずに、得意分野を伸ばす戦略が日本には必要。
福田さん、経産大臣をやってみてほしい。
現状追認すればそうですけど・・・まもなく日本から新しいビジネスモデルを生み出すので、まぁ、もう少し待っててください。

「僕は、欧米のアングロサクソンの人たちや中国人っていうのは、「ビジネスモデルを作ること」が得意だと思っているんです。
今あるものを組み合わせて新しいモデルを構築する。そして、「このモデルを作った俺、すごいでしょ。イノベーションを生んだからお金ちょうだい」って稼ぐわけですね。
一方で日本人というのは、すでにあるビジネスモデルを磨く、作り込む、それを支える要素技術を研ぎ澄ますところに強みがあると思うんです。最初に何かを作るのは下手くそだけど、セカンドランナーとして追っているうちに、本家本元を超えちゃうくらい素晴らしいものを作り出すことができる。
例えば、自動車だってそうですよね。欧米メーカーが生み出したビジネスモデルを見て自動車作りをしてみたら、どんどん生産の効率化を実現していって、今やトヨタは世界一の自動車メーカーですよ。
また、「作り込む」ことを極めた結果、独自の文化を生み出してしまう。それが日本の強みだと思います。」
んー!科学技術に関してはなんか中国の幻影に驚かされてる気がしますけどね。

おお、これは!と論文のタイトルを見てみるものの、中身にがっかりする論文は中国のものが多いですね。信頼性や再現性の低そうなものが結構おおい。
デジタル分野で中国が日本以上の地位にあるのは確かでしょうが、日本と中国を比較する時は「先進度」ではなく、国の規模で議論した方がいいように思います。

2030年代には中国の経済規模はアメリカを抜いて世界一になるでしょう。
この超大国の隣人とどのように付き合うかが21世紀後半の最大の課題になると思う。
フィンテックの市民レベルでの浸透では中国とスウェーデンが最先進国でしょう
この連載について
政治経済の話題に関する特別インタビュー