新着Pick

Amazon Goは「無人コンビニ」か?

マーケティング、エバンジェリズム、ときどき旅。
1234Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazon Go を巡る数々の記事の中で、実体験も踏まえた上で書かれた、最も本質を捉えた最良の記事。

多くのAmazon Goに関する記事は、これを「無人コンビニ」やら「コスト削減」などと称するが、その認識自体が大間違い。私も読んでてイライラすることがあるくらい。

その本質は「より来店客に快適な買物体験」の実現と「購買行動データ」の把握。

日本の流通業が「人不足」と「コスト削減」でワタワタしてるのに対して、このアマゾンの余裕は痛快ですらある。本来的に人間の接客が必要な所には重点的に人を配置しながら、とにかく「行列をなくす」ことで来店客のストレスを無くすことにフォーカス。RFIDでのセルフレジみたいに、客に面倒を強いることなどしない。

一方で、カメラでトラックしたからこそ分かるデータにどのような価値があるのか、少し考えればいくらでもある。棚割やマーチャンダイジング、店頭でのVM、メーカーにとってはパッケージデザインに関するインサイトなど、多くの発見があるだろうし、それを定常的にA/Bテストを回して強化することが出来る。

日本人は、その技術的背景とかコストばかりに目が行きがちだが(実際そういう視野狭窄の記事が多い)、むしろこれが実現しようとしている価値に着目すべき。そういう点でも、この記事は素晴らしいと思う。

追記:これをテクノロジーカテゴリーにNPは入れているようだが、それ自体がAmazon Goの本質を見誤らせる。
【メーカー/小売関係者 必読】日本の小売やメーカーの大企業の方で、すでにココにリアルに足を運んだ方は、いますでしょうか?ネットの情報をみただけで、行ったつもりになっているマーケターは、いないでしょうか?
小島さんは、隣町のスーパーに買い物に行くかのように、AmazonGoにサクッと行って、現地からTwitterでレビューし、このようにレビューブログを投稿。そんなフットワークの軽さとナレッジの深さが、今の大企業に、あるや無しやで、未来の勝敗が定まりそうです。
ぼくは、海外には行けないので、明日は、e-sportsの先駆け、闘会議の会場へ足を運ぼうかと思います(・∀・)
アメリカの分析記事では無人にこそ価値があるという話も書いてありました。レジがいらない、という効果は思っていたよりもはるかにブレイクスルーですよ。別にサンドイッチをつくるパートの人はいてもいい、品薄を補充する自動販売機にあるようなバイトの補充スタッフだっていてもいい、しかし、レジ、キャッシャーはいらない。これがどれだけのポテンシャルを秘めていることか。少なくとも、スマホ決済とゆう言葉はぶっとばされています。
これはデータ蓄積だけでなくオフラインでも、利益率の低い小売でも、高い利益を上げられつづけるようにするための、新たなビジネスモデルの検証のようだと考えます。


NPで多く意見のある
「データが目的」より視野をもっと広くするべき
アメリカだとあまりそちらは語られていない印象
Amazon Goに求められているのは「無人コンビニ」「コスト削減」で間違いないと思いますよ。ローソンのレジロボ、RFIDの記事では、コンビニの接客なんて無駄と多くの人がコメントしています。Amazonだから接客は無駄じゃない、という考えは可笑しい。
Amazon Goの外販先であろう多くの小売店は、Amazonみたいにコスト無視で営業は出来ないし、人を雇うのも四苦八苦している。AmazonがAmazon Goを直営でやるなら正しい見方ではあるけれど、現在一般向けに営業している店舗はコスト高であり、同じ体制を外販先が整えられるだろうか。あまりにもAmazon寄りの視点であり、誰が導入したいかを考えていない。
Amazonは導入先の販売データや店舗内の導線が分かれば良くて、Amazon Goで利益をあげられるかは店舗運営者次第だし、お客さんを満足させるのはAmazonではありません。これも触れられていないが、顧客のプライバシーに関わる情報をAmazonに簡単に渡して良いのか、という問題もあります。ローソンが一部店舗で実施している、お客さんの姿を見えなくした形でのカメラ映像の利用も求められると思います。
参考になりました。
AmazonGoの話はかなり語られていると思いますので(将来ロイヤリティや広告で稼ぐことなど)、少し違う視点で対抗策を考えてみると、自販機のイノベーションが重要かもしれないと感じました。
この記事を読めばなぜアマゾンがリアル展開を急ぐのかが良く分かります。

ネットでの繋がりをリアルに持ち込む戦いが始まっています。

オフライン企業のみなさん、対策は出来てますか?
以下のまとめがすべてを語っています。
要するにこういうこと。
追加のコメント不要でした!


「Amazon Goの仕組みは、これまでのハード的な投資や、店長や発注者の経験、店のオペレーションマニュアルなどの人的スキルが重要だった小売り店舗運営を、ソフトウェア側がかなりの部分までカバーできるようになることを意味します。そして、その範囲や質は、不眠不休で学習し続ける(システムなので当たり前ですが)ML(機械学習)/DL(深層学習)で、どんどん拡大、向上していくので、この仕組みを持っている事業者ともっていない事業者では差が開く一方になりますね。このソフトウェア側のアプローチが、ハードウェア投資力を凌駕するという流れを理解しないと、ことの本質が見えづらくなります。」
スナックに帰着するわけだ。
これは体験してみたいぞ。
Amazon Goの凄さはまさに顧客行動の把握とそこから次のサービスを生み出す戦略にある。そのサービスを外販することも可能だろう。一方日本はRFIDでまだもたついてる。さっさと実用化したら?その上でさらにその先を考えないと。世界はすごいスピードで動いてる。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
85.4 兆円

業績