新着Pick
205Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
株式市場でも、個別株を変えるが、運用会社がいる。基本的にはファンド形態とすることで以下の機能を果たす。
①投資先の分散によるリスクリターン効率の改善
②税メリットの享受(個別だと損益通算の期限が限られている)
③目利きやバリューアップ(アクティブ投資のみ、統計的にはコスト倒れはしている)

多くのコインが出るほど、コインへのパッシブ投資なるものが出てくれば①や②はファンド形態だから果たせる。また今のVCは③部分が多いだろうが、特に成熟しているわけではない企業なので、経営ノウハウやネットワークなどはまだまだ提供できる点はあろう。
あと、そもそも資金量自体がビジョンファンド含めて巨大化している。巨額のものを法整備が十分にされていないもので集めるのは正直難しいと思う。そういう意味ではシードはエンジェル投資家含めてより個人化、ミドル・レイターで一層VCのポジションが強くなっていくと思う。そしてUberなどでもみられているように、ミドル・レイターの資金量勝負なところでは、投信など伝統的な運用会社も投資をするようになってきていて、そこの競争が激化していくと思う。
SAFTは完全に株式でのSAFEと似た構造ですね。
ここら辺の金融手法の成熟度合いはアメリカが抜きん出ている気がします。

また、ICOで37億ドルで、VCの資金調達は526億ドルということは、もう桁が一つの差しかないということ。(成長は指数関数的に伸びてるので、もう数年で追いつく可能性が高いということ)
これはVCがここまで成長するのに要した時間を考えると驚くべきで、「微々たる」ではない。
標準的な投資契約書にICOをにらんだ条項を追加するか、「Simple Agreement for Future Tokens(SAFT)」のような別の簡易な契約を交わしておくのか、というVC側のニーズは高まりそう。
既存VCとICOを比較しようとする議論で大切なのは、ICOの下記のメリットに着目することだと思う。

調達社のメリット
グローバルでデジタルなプロジェクトであれば、既存の金融機関の中間コストをかけず、機動的な資金調達ができる。

投資家のメリット
プロジェクトに共感しており、法定通貨換算でトークンの価値が下がっても、プロジェクトによってトークン保有がもたらす効用を享受できる
「エキサイティングな新分野があり、多くの価値が新たに創造されると判断するなら、何らかの形でそこに参入するのが私たちの務めだ」と、シリコンバレーに拠点を置く老舗VC、セコイア・キャピタルのパートナーであるマット・ホワンは言う。
→ 一流VCが続々とICO発行企業に投資