新着Pick
1450Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダグラスにとって、ジョブズはどんな人だったのだろうか?
「彼がなにかをサポートする時の後押しする力の強さと、なにかがボツになったときの忘れやすさ、その両極端を持ち合わせるところがすごいんです。本当にこれがいいと思ったら全力で、全身全霊を投じて、なにがなんでもやる。その勢いと同じくらい変わり身が早くて、それがどんなものでもボツになった瞬間に、本当にあっさり、それがぱっと世の中から消えたように忘れることができる。だから、形になったアイデアはあたかも自分のアイデアであったかのように言うし、状況が悪くなった時には、誰が考えたんだ、このクソ!と言える(笑)。そういう面も含めて、同じ世界に住んでる感じがしなかった」
こんな方がいたとは!おまけに日本で!
大企業は規模ゆえに大きな人が働き、社会に大きな影響を与える。でもそれゆえに、調整も必要だし「自分が関わった部分」というのは分かりにくくなる。自分の問題意識をそのままプロダクト・サービスに反映させて、これまでの在り方を大きく変えられることはワクワクすること。
貴賤はなく人それぞれ。
ダグラスさんの生き様がかっこいい。アップル流のコーヒーミルが早速ほしくなりました。
素敵な話ですね。清々しい。
機械とか電気などの工学系の基礎知識があって、探究心が強い人にとって、自分が好きな対象があれば、改善やイノベエーションのアイデアがどんどん湧いてくるのでしょうね。まだまだそういった対象はたくさんあるように思います。誰も目をつけない古典的かつベーシックな商品が。
例えば、美容院の椅子。特に洗髪の時に座る椅子。毎月洗髪のたびに腰が痛くなる。実に塩梅が悪い。何とかならないものか。顧客に最高の心地よさを与えることが価値なのにも係わらず、かつ改善にさほどの技術もコストもかかるとは思えないのに、こんな椅子を作るメーカーが存在し続けているなんて。
競合がいないのかな?それとも業界の因習等参入障壁の高いマーケットなのかしら?
読むのが遅くなってしまったけれど、めちゃくちゃいい記事ですね。
今の時代にあったライフスタイル。
これだけいろんなものが繋がると、本当に腕とアイデアで小さな会社が十分大きなことができる。
日本の新しい生き方ではないかと思います。
なんとダグラス・ウェーバー!

眼鏡なしとヒゲ生やしているので最初気付きませんでしたが、シリコンバレーに住んでいた15年位前に、iPodの基幹部品をアップルに供給する仕事で一緒でした。

今はコーヒーマシーン製造とは、人生面白い!

#アップル #コーヒー #バリスタ
ステキですね。こういうライフスタイルに憧れます♪
いい話。製造元が台北なのが意外。細かく言えば新北なのか。
ただVPの日本語は副社長ではなく課長か部長
こんな人、めったに存在しないのでは…すごすぎる。。
心の底から共感。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績