新着Pick

ソフトバンク孫氏、奇抜で飽くなき投資への情熱-その内側を探る

Bloomberg
(Bloomberg) --配車アプリを手掛ける中国の滴滴出行の創業者で最高経営責任者(CEO)の程維氏は昨年初め、ソフトバンク・グループの孫正義社長からの資金拠出を断ろうとした。事情に詳しい複数の関係者によると、程氏は滴滴出行が既に100億ドル(約1兆1222億円)を調達したため、孫氏に資金の必要はないと伝えた。孫氏は了承しながらも、恐らく滴滴出行のライバルの1社を直接支援することになると示唆したという。結局、程氏は折れ、テクノロジー企業の資金調達額としては過去最大となる55億ドルを孫氏らから受け入れた。
173Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
孫正義は、偉大な事業家というよりも偉大な投資家。
そのスタイルは時々こうやって垣間見えるけど、すごいの一言。一度でいいからその場に居合わせてみたい。
人気 Picker
“孫氏の投資の大半は失敗しており、孫氏の評判の大半は1999年の中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングへの2000万ドルの投資1件によるものだ。”
→ ヤフーへの投資をカウントして成功例は2件と思うが、その僅かな大ヒットを当てるために隅々まで張りまくるのが、孫流投資術。ベンチャーキャピタルの教科書のような手法で全くの王道。
孫さんの交渉術。Alibabaも断られる中で「お金はあって損はしない」と投資したのだったと思うが、最近は別のやり方でいらないという企業に投資(この記事を真とすれば)。
投資として成功した案件は、最近の案件はまだ成否が見えないので置いておくと、他には米Yahoo(そしてそこからヤフージャパンは事業としてやっている)もある。一杯失敗していてもこれだけスマッシュヒットが2つもあれば、十分とも思う。
なかなか面白い記事。これまで孫さんの投資に対して「投資の大半は失敗しており、孫氏の評判の大半は1999年の中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングへの2000万ドルの投資1件によるものだ」というのはあまりみたことがない。
孫さんが一発屋ということ。去年、一気に世界の注目を浴びる投資家になり、今年はその手腕がさらに問われることになりそう。
なんかなぁ、嫉妬というか素直に受け入れられないなんかしらの感情が反映されてる記事だよね。
"孫氏は了承しながらも、恐らく滴滴出行のライバルの1社を直接支援することになると示唆したという。結局、程氏は折れ、テクノロジー企業の資金調達額としては過去最大となる55億ドルを孫氏らから受け入れた"→資金力と、ネットワーク力が強烈。ブルドーザーのように、通った後ろを自ら望む平野にしていく感があります。ここまでできる経営者はいない、フォローする経営陣、M&Aアドバイザーは大変でしょうね・・・
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.2 兆円

業績