新着Pick
214Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北朝鮮の政府声明で専門家の目を引いたのは、「米本土全域を打撃できる超大型重量級核弾頭の搭載が可能な大陸間弾道ミサイル」というくだりだった。

米国が実戦配備している大陸間弾道ミサイル・ミニットマンⅢ型(射程1万3000キロ)の場合、再突入体(重量約100キロ)を含む弾頭重量は317〜363㎏(核弾頭180〜270㎏)で、これが北朝鮮が目指すべきICBMの目標値だと考えてよい。

それを前提とした場合、「超大型重量級核弾頭の搭載が可能な大陸間弾道ミサイル」という表現は、いまだ核弾頭の小型化に成功しておらず、その重い核弾頭を大推力の液体燃料ロケットで投射するのがやっと、という現実を物語ってあまりある。

ひょっとしたら、北朝鮮は自国の現実を米国などに伝え、少しでも圧力を緩めさせようと、そのような表現をとったのかもしれない。
12時半から行われた北朝鮮当局の重大発表で、火星14の完成形と思われる今回のICBMは、新型の大陸間弾道ミサイル「火星15」であると正式に発表されました。

ロケットエンジン等主要部は14型の白頭山エンジン(旧ソ連RD250の国産デッドコピー)と同等とみられますが、今回特に北朝鮮は「超大型の重量級核兵器」を搭載できると言っており、エンジンを束ねて第一段ロケットの推力をあげたタイプだと思われます。
或いは本来二機で一対になっているRD250を一機にデチューンしたのが白頭山エンジンとみられることから、オリジナルのRD250の完全コピーに成功し、本来の推力を可能にしたタイプの可能性もなくはありません。

詳しい諸元については今後情報が出てくるかと思います。

いずれにせよ、火星12から始まった北朝鮮のミサイル技術のブレイクスルーは、遂に大陸間弾ミサイルまで行き着いたという意味で、特筆すべき出来事だと思います。

(追記)
1段目の推力をあげたタイプではなく、火星14に3段目を足して距離を伸ばしたタイプという観測も出ています。
この新型ミサイルの分析はもう少しかかりそうですが、ワシントンから北朝鮮の核の射程に入ったという事実は何れにせよ変わりません。

(追記2)
先程北朝鮮の労働新聞に写真が掲載されました。
一瞥したところだとRD250の完全コピー版の推測が正しかったように思いました。
到達高度から単純計算すると火星15は人工衛星打ち上げ能力を持つ。これを地球ではなく宇宙に向けてくれれば、北朝鮮も人類の進歩に貢献する偉大な国になれるのに。実にもったいない。

旧ソ連時代のICBMが衛星打ち上げに転用され民間打ち上げ市場の一角を成している。同様に、北朝鮮の体制が崩壊し、火星15も商業打ち上げ市場に出て来ればいい。そんな未来を期待している。
北朝鮮の政府声明Uある、ICBM「火星15」は初めて聞くミサイル。「米本土全域を攻撃できる」と主張している。ICBMとは、米国東部を攻撃対象に入れていますということ。米朝の核戦争をする時代ではなくなったというアプールを開始する準備としての、火星15発射だった。
高度が4000kmということはLEO低地球軌道(2000kmまで) の倍以上です。ちょっとわからないのが、衛星が大気へ下降すれば燃え尽きてしまうのに、ミサイルは特殊技術によって燃えないということだと思いますが、はたして北朝鮮の技術はそこまで到達しているのでしょうか。今朝の記者会見で、ミサイルが大気で分裂したのかという問いに関して、官房長官からが歯切れが良くない答えが印象に残りました。国民に伝えていないことが、かなり、ありそうですね。
北朝鮮はまた挑発に出ました。
もう国際社会からどんどん孤立していき、得るものはなに一つありません。
実際、アメリカにミサイルを発射するか、それはなく、どちらかと言えば韓国や日本や中国を脅かしています。
脅かしたら、韓国や日本から何がもらえるか、たぶんもらえないです。
中国からは北朝鮮にいつも畏敬の気持ちを持っているので、脅かされたら、なにかみつぎものを出したいが、国際社会に言われて、出せないと思います。
何のためのミサイル発射かは、まったく分からないです。
まあ日本にはどっちにしろ関係ないのに馬鹿が騒ぎすぎやん
結局のところ、われわれが目下現実的に選択可能なオプションには、効果的な圧力に資する選択肢が乏しいということは露呈している気がする。
「火星13号」でもなくて「火星15号」?新型なのだろうか。
では次の惑星間弾道ミサイル(IPBM)火星16は、金さんを乗せてホーマン軌道で火星に打つのはどうでしょう。そしたら全俺が尊敬します。何せ3年前に太陽に着陸して黒点のサンプルを持ち帰ったほどの国ですからね。