新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソニーは、CMOSの会社かと言われるぐらいの優良事業となった半導体事業。苦境の間も、ずっとソニー本体を支えてきました。

ですが、その成長を支えてきたスマホ市場が少しずつ鈍化していくなかで、次の成長を見据えています。

願わくば、自動運転のセンサー部分を担うだけにとどまらず、その驚異的なセンシング技術をもって、自動運転車自体を定義づけてくれたら面白いな、と夢想したりします。
ソニーにとってのCCDは、インテルのDRAMである。

と言いたくなるほど類似性があると思います。
両社ともにイノベーターのジレンマのMBA教材的ケースですが、インテルのアンドリューグローブ、ソニーの鈴木副社長本人の資質や、彼らが当時率いていた組織の構造やそのDNA。
それに何の共通要因がありジレンマ脱出に成し得たのか?
是非NPには追究してもらいたいテーマです。

EV革命勃発期における日本の自動車産業
第四次産業革命期における製造業、
フィンテック革命における大手金融機関

ジレンマに羅感している日本経済にいま最も必要な処方箋では。
Samsungが本格的にCMOSイメージセンサでSonyにキャッチアップしようと取り組み始めています。技術的にはSonyが先行しているものの、本腰入れてくるSamsungには油断出来ない。
CMOSのリーダーはキヤノンだったと考えています。
一般にCCDはノイズ特性は良いものの、読み出しに時間がかかる上、電力を喰うことから、高速連写や動画撮影には不向きとされてきました。それに対しておそらく最初にCMOSに経営資源を投下したのはキヤノンでした。デジタル一眼のフラッグシップで最初にCMOSを投入したのはキヤノンだったと思います。これで画質、連写、バッテリーの点で他者を引き離したことが、今日のキヤノンのデジタル一眼でのポジションの基礎になったと思います。

ソニーはこれに言わば追随したと私は思います。ただ、ソニーがキヤノンと違うのはキヤノンが内製指向なのに対して、ソニーはコンパクトデジタルカメラでは一定のシェアをとったもののデジタル一眼カメラのシェアは低く、撮像素子でキヤノンに勝つには外販に力を入れざるを得なかったことがあると思います。

自動車や監視カメラなどはこれからの領域。特に自動車は家電とは異なる耐久性が要求されそうです。また素子の素性だけではなく、ネットワーク化が重要ですので、誰とどう組むのか注目です。
Samsungは先日、ISOCELLブランドでイメージセンサーの新製品を発表しています。
スマートフォンは背面、前面にカメラを搭載している。背面のメインはソニーでも、前面はSamsungといった具合に、片側にSamsungのイメージセンサーを採用するスマートフォンも既にあります。ソニーのシェアは圧倒的ですが、安定感を無くて、綱渡り的な感じもする。

イメージセンサーで他が追随出来ない技術がある割に、XPERIAのカメラは、AppleやSamsung、HTCよりも低い評価である事が多い。これはどうにかならないのかな。
蛯原さんのコメントに重ねると、個人的にはIntelのCPUになれるかなれないか、かと思っている。
DRAMほど汎用的ではないというのが自分の視点。ただ、Wintelのようになるためには、それを使用する側との相性が重要。AMDやTransmetaなどもあったし、個別の技術ではこれらの企業が上回っていた点もあった。ただCPUでは規模を背景とした設備投資・研究開発費はIntelのほうが巨額を投じられた(規模が大きいので、1CPUあたりで薄められた)。
今、ソニーは強いが、一方でソニーだけが製造しているわけではない。昔に比べてファンドリーの規模・活用も大きくなっている。また半導体は中国が国策的に国産化のための設備投資支援も進めている。そこで研究開発・規模競争、また顧客とのパートナーシップをうまく進められるか。あとはWintelのときは顧客サイドのシェアでMS Windowsが圧倒的だったが、スマホはもっと分散しているのは少し違う。
ソニーのイメージセンサーはiPhoneのカメラで活用されていることで有名。iPhone8はカメラの進化に注目が集まっていますが、これもソニーのCMOSセンサーの影響です。

自動運転技術の領域に、どのようにソニーの半導体が活かされるかが楽しみです。
この連載について
半導体が「新時代」に突入しようとしている。日本では、東芝の半導体メモリの売却ばかりが取りざたされるが、世界では今、コンピューティングの世界を揺るがす半導体の地殻変動が起きている。AI、IoTを時代を迎える中で、半導体の世界はどこへいくのか。その最前線をリポートする。

業績