新着Pick
119Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先ほど話した内容がもう読める、すごいですねNP^_^
政治の話というより、フェミニズムについてブランドからも声を上げてきた、背景についてお話しいたしました。
ミッソーニのショーでは、Women's Marchで被られていたニット帽が配られたり。

また、Newspicks内ですら、女性の割合は5パーセントとか。
ここにも、まだまだガラスの天井ですね。
男女ともに声を上げれる社会でなくては、ですね。
「戦争の時代には洋服から色がなくなり服装も限定されるけれど、戦争が終わると自由になりますしね。ファッションの自由、好きなものを着られるというのは平和の象徴ですね(サッシャさん)」(記事引用)

黒人の公民権運動が起きたとき、「Black is beautiful」というメッセージによって、人びとはその意味を、直感的につかむことができた。最近では、LGBTが「レインボーカラー」という素晴らしいメッセージを獲得している。性の多様性を7色で表し、虹(=社会)は、すべての色(多様性)を包摂するものだというイメージを、私たちは直感できるようになった。ファッションという、感性であらわす世界が、平和や男女の平等、多様性の包摂などの社会的テーマを力強く打ち出すことは、小さな一歩に過ぎないかもしれない。しかしその一歩によって、世界は着実に前に進むことができる。
最前線で見ていらっしゃる軍地さんならではのトーク。「ファッションは時代を映す鏡」。ハイブランドによるエシカルな取り組みもこの10年で圧倒的に増えた。
これ良いテーマ設定ですね。
コメディーは社会風刺から生まれますし、世界中のセレブが政治に対して各々主張する中、とても良い流れではないでしょうか。また、国内ファッション市場規模は女性6兆、男性3兆、子供1兆円。女性がけん引する市場から考えても、女性蔑視発言に対して公に反対する動きが日本のブランドからもっと出てきたらと思います。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア