新着Pick
483Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数回前に、M&Aのスクリーニングをどうやってるのかを知りたい、というコメントをしましたが、その一端がうかがえる回でした。ソフトバンクでブレーンだったM&Aのプロがいて、再生可能性について徹底的に議論しているとこと。ただ、グループの資源を直接活かすわけではないとおもうので、やはり秀逸な投資ファンド、という印象です。ただ、大きな目標がありそうなので、M&A→再生を繰り返すことで時価総額を膨らませ、更に大きいことをやっていくための原資作り、ということなのかもしれません
ソフトバンクではスプリントの買収、「ソフトバンク30年ビジョン」の立案などに携わり「孫正義の右腕」と呼ばれた男、鎌谷賢之氏に話を聞きました。

鎌谷さんは孫さんにお仕えする前は、三洋電機の「次世代リーダー」として、20代で最年少課長になった経験があります。当時の会長、野中ともよ氏らと経営再建に奮闘するも三洋はパナソニック傘下に…。あの時出来たなかったことは今でも悔やまれるといいます。

ソフトバンク移籍後、孫さんに学んだ数々のこと、そして金言は、今もiPhoneに保存して仕事に行き詰まると読むそうです。その言葉とは?

さらにお話はライザップ瀬戸社長と孫さんの共通点へと発展してゆきます。
個人的に注目したいのは三洋電機。今ならば東芝に該当するだろう。そこでの修羅場の経験を経て、成長企業に転職された。両方を経験されている方は強いし、こういった経営人財のプールの厚みをどれだけ増やせるかが、今後の日本のキーだと本当に思う。
そして、こういう経営人財を採用できるのは、不況の時だとも思う。不況の時でも採用できる会社、そういうときに話してみたいと思ってもらえる会社に弊社もなっていかなくては…

読んでいて、孫さんと瀬戸さんの共通する部分と違う部分、近くで接されているからこその視点がとても興味深かった。特に「迷ったときは遠くを見よ」というのは、下記の永里さん記事の「目標・目的・心」といった部分と通じると思った。
一点だけ質問してほしかった点は、どうしてこれだけの経験を積みながら、自分が経営トップとなるのではなく、役員となるキャリアを選ばれたのか。RIZAP自体というより個人のキャリアの話なので、だから質問しなかったのだろうとは思うが。
https://newspicks.com/news/2526144
尊敬する孫さん、さすがの言葉力!

「迷ったときは遠くを見よ」

-------------------

「近くを見れば見るほど船酔いする。迷ったとき、困ったときほど遠くを見るべきだ。もっと遠くを見ると、景色がより鮮明に見えてくる。道が開けてくる」
かつて三洋電機の社長、技術者を取材したことがあります。
でもやはり取材であり、これほど三洋電機の人から直接話しを聞くことはなかったです。
取材のときに感じたが、三洋電機には優秀な人材がたくさんいます。
この記事を読んで、自分の感じたことは間違っていないと思います。
ソフトバンクのM&Aは「1兆円縛り」の制約がありました。「制約なく、発想を広げよ」という意味。でかい1・・・

RIZAPグループ入社後は「メディアグループ構想」「上場子会社7社の成長戦略」「堀田丸正との戦略的事業提携方針」「RIZAP1000万人健康宣言」「グローバルSPAモデルの構築」などの戦略立案。・・・でかい2

気をつけるリスクは、海外進出と大型M&A・・・ですよね!!
鎌谷さんとは、ソフトバンクをやめる数ヶ月前のアカデミア予選で一緒のグループになりました。
多分、お逢いしたのはその時の一度きり。

ナカヤマン。や、要ちゃん、羊一さん、鎌利さんのプレゼンも印象的でしたが、
鎌谷さんの予選プレゼンも圧倒的で、アドレナリンが止まらなかった記憶があります。

凄くワクワクするストーリー、またお会いする機会あればお話ししてみたいです。
「近くを見れば見るほど船酔いする。迷ったとき、困ったときほど遠くを見るべきだ。もっと遠くを見ると、景色がより鮮明に見えてくる。道が開けてくる」

いい言葉だ。
とても分かりやすいいい話。
迷ったら遠くを見よ。ホームランよりタイムリーヒットをつなぐ、にとても共感。

周囲にこういう、意見をしっかり持ち、分かりやすく語れる人がいるのも経営者の実力ですね。(ソフトバンクで採用をされた青野さんはリクルート出身の名物人事、採用理由がビビビときたというのが笑えます)
鎌谷さんの志と行動は本当に素晴らしいと思います。
リーダーが怒らなくても飛躍的な成長をする組織の在り方(恐怖強制でない共感共創のリーダーシップ)はこれからあらゆる組織、プロジェクトで益々求められていくのではないか?という気づきになりました。
この連載について
売上は昨年の1.7倍の950億円超。時価総額は昨年の3倍の3000億円超ーー。 今、ライザップの勢いが止まらない。 強烈なインパクトのCMのイメージが強いが、アパレルの「ジーンズメイト」からフリーペーパーの「ぱど」など幅広い分野のM&Aを進め、関連会社数は60社以上におよぶ。 「アジアのLVMH」を目指す、「ライザップ帝国」の野望とは?
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.44 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.5 兆円

業績

RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
756 億円

業績