新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

259Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディープラーニングでコンピュータが目と耳を持った。次は手です。手があるのとないのでは大きな違い。
現時点において既に、人間が働かずに食べていくだけならば少なくとも先進国においては実現可能な富があります。つまり再配分の問題です。BIが本気で議論されているのもその理由です。
ここで論じている介護やサービス業に耐えうる高精密なロボットが将来実用可能になるとして、その時点ではコストが高いので富裕層のみにアクセス可能となるか、何らか税金等の社会的枠組みで全員に使わせるか、となりここでも再配分の議論が生じます。

そもそも、いつの時代も富裕層は遊んで暮らせるにも関わらず肩書無職、という人は地球上ほばいません。それは能力の問題無関係に人間たるもの等しく生産活動なくして消費のみをして生きるようには出来ていない生き物だからです。
社会的実装コストゆえに自動化可能であっても人間がやり続ける単純作業はだいぶ先まで残るでしょう。「そんな仕事は人間にやらせとけ」という具合です。新興国では現在そうです。
そもそも現時点で既にテクノロジーで可能であるにも関わらず人間がやっている事は膨大にあります。無人コンビニは今すぐ可能ですが留学生レジ打ちを雇うほうがRFIDタグ導入コストよりはるかに安いからです。

ドラッカーなどがまさにそうでしたが、この手の未来社会を語る際は、社会人類学や歴史に対する幅広い造詣がないと、テクノロジーだけでは現実的な未来論は出来ません。
人は、面白ければ一生懸命やります。
それが遊びであれ、仕事であれ。
しかし、遊びと仕事では、その達成感は全く違います。
理想は、遊ぶことではなく、面白く仕事をすることだと思います。
人間は社会的な動物ですので、恐らくは必要なお金のためというよりは自己承認欲求のために働き続けると思います。時間は短くなると思いますが。

実際、発展途上国と先進国を比べると現在の状況からもそれは見て取れます。
発展途上国では基本的に給与の寡多が仕事を探す際の絶対条件ですが、国が豊かになればなるほど、その時間が長ければ長いほど仕事環境や人間関係、そしてその仕事の意義が仕事探しの上でしめる割合が高くなります。
なので、おそらくこれは0か1の議論というよりは社会の富の蓄積に応じて漸進的にお金のために働かなくなるが何かしら社会に向けた活動をし続けるというのが現実的な状況ではないかと思います。

お金の概念や食べていくためのリアリティが見えていない子供の段階で将来何になりたいかを聞くと、スポーツ選手やユーチューバーが多く、家でゴロゴロしたいとは答えないのも1つの証左ではないでしょうか。
国が成熟するとお金ではない部分を求めるように思います。
なのでスポーツはこれから強いはずです。遊ぶこと、楽しむことをいかに提供できるか。
「ホモ・ルーデンス(遊ぶ人)」というやつか。日本人の多くの人は、豊かになってどうしたいのか、という目的が欠如している。そのため定年と同時に燃え尽きてしまう人が多いように思う。
「遊ぶ」というより「PLAY」するがしっくりきますね。
AI/ロボットによる超ヒマ社会に有望なこと。エンタメ鑑賞、食事、恋愛、スポーツ、ギャンブル、旅、勉強、創作活動。あぁ、やっぱり忙しいわ。
「人間は、遊んでいるときにのみ完全に人間である」というシラーの言葉が、遊び論を研究している僕の支えです。

合わせて國分功一郎さんの『暇と退屈の倫理学』も読まれたし。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
時価総額
5.32 兆円

業績