新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アクティビストもいろいろですが、本件でスティルパートナーズがやったことは絵にかいたような失敗だったと思います。それはなぜかというと、アデランスがもともと確立していた戦略ストーリーとの食い合わせがヒジョーに悪かった。その戦略とは?については次回以降をこうご期待。ハゲより。

追記:堀江さんに「スキンヘッド」とお気遣いいただいていますが、正しくは「ハゲアタマ」です。
本日から4日連続でアデランス社長と「毛髪問題には確固たる意見がある」楠木教授の対談を配信します。

アデランスは一時期、スティール・パートナーズが経営権を握り、コストカット策を進めますが業績は低迷しますが、スティールが株を手放し、MBOを行い、現在は過去最高の売上を達成しています。生え抜き社長による改革の中身とは?

日替わりで、楠木教授のウィッグ写真も展開されます。個人的には、パイレーツ・オブ・カリビアン風の長髪がお似合いでした。
現社長はスティールが取締役を送り込み、R&Dや店舗のリストラを行ったことで業績が大きく落ち込んだころにも辞めなかった生え抜きの方とのこと。
ここまでハゲしい落ち込みがあったとは知らなかった。
記事を読んでファンド=事業が分からない短期志向、と取れれないかは多少心配で、「ファンド」というのは事業形態にすぎないので、「誰が」やるかによって違う訳で、スティールさんが残念だった、ということです。

しかし、コメントは総突っ込みですが、フサフサ楠木先生、すげ~
確かにこれで人生変わる人もいるんだろうな、という変身っぷりです
記事最後の、中村獅童的な髪形もイケてます
楠木さんはやっぱりスキンヘッドが似合いますね
売上が過去最高を更新している背景は、2013年4月に買収した海外事業(米国ヘアクラブ)の寄与が大きいと思う。2016年2月期の決算をみると、売上が284億円あり、それを除くと508億円となり2007年度の750億円といったところからはかなり低い水準。海外ウィッグについては営業赤字だが、それはのれん償却が影響していて、それを足し戻すと一桁後半の利益率。
Abeさんのコメントに同意で、極端なオプションの間に色々な解があると、自分も思う。全てを敵とするのではなく、フラットに見た議論になってほしいと思う。
スティールパートナーズに、企業価値を大きく毀損されました。よくここまで復活されたと思います。
プロキシーファイト後の店舗閉鎖など、シビアな話に入るタイミングで楠先生がウィッグをつける瞬間の写真!

その後の話が頭に入ってきません(笑)
復活の根幹にあったのは、この想いということですね。改めて経営はパッションが大切だと思いました。
しかし写真のインパクトが凄い、、髪の印象って凄いです。
—抜粋—
私も生え抜きの一人として今まで一緒に働いてきた仲間の顔を見たとき、辞めるという選択肢ではなく、社員や家族、お客さまにもう一度しっかり向き合わなければいけないんだという思いが込み上げてきたからですね。
以前NPでもピックされていたブログで公言されておられたので、楽しみにしていました。チャレンジングな企画本当にリスペクト。でも、推しメンはぶっちぎりでウィッグなしの楠木先生です。
楠木氏はハゲの方が似合う。と、ハゲ的には断言したい。

なお20代半ばからハゲと戦う自分ですが、プロペシアは効いています。30代前半から飲み始めましたが、確実にハゲの進化を抑制し、若干持ち直したとの周囲の声もあり。リアップも効くと思いましたが、メンドくさがりなので、手が汚れるのが嫌で飲み薬のプロペシアにしています。
この連載について
成功する企業には「優れた戦略」がある。優れた戦略の条件は「そこに思わず人に話したくなるようなストーリーがあるかどうか」と説く楠木建教授。本連載では、「戦略ストーリーの達人」たる経営者との対話を通じて「稼ぐ力」の中身を解明する。
株式会社アデランス(Aderans Company Limited)は、日本にて創業し、世界に展開する総合毛髪のリーディングカンパニーであり、ウィッグの他、同社が展開する男性向け育毛・増毛サービスのブランド名でもある。名称はフランス語で「接着・付着」を意味する「adhérence」に由来するものである。 ウィキペディア

業績