新着Pick
1481Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これも一次情報を見たほうが良いと思います。
https://www.apple.com/apple-events/september-2017/

そこから感じ取ったのは結論から、Xはもはやどうでも良い、それよりも今回の発表会そのものが重要で、これはもうジョブズ教という宗教の発起大会のよう。

会場はオープンしたてのジョブズ着想による新社屋内、その名もスティーブ・ジョブズ・シアターがバーンと映し出される。
この新社屋もこの記事に詳しいが、ジョブズの遺産でありジョブズ教にとっての聖地エルサレム > https://wired.jp/special/2017/apple-park/

オープニングは真っ暗なシアターで、ジョブズの肉声で理念が長々と語られる。この時点で既に儀式のような雰囲気。
そしてバンッと明かりが点いて、出てくるティムクックはカリスマの欠片も無く、第一声から延々とジョブズを第一人称にして理念を語る。自分の言葉は無い。ジョブズの教理を伝える伝道師さながら。

その後長々とストアやウォッチや8を紹介しようやくXの紹介。ご存知の通り独自イノベーションはゼロ。既にサムスンがGalaxyに搭載済みの顔認証の後追いが一番の目玉。

もうジョブズがプログラミングした未来をただティムも、アップルも、そしてユーザーも世間全般も演じているようにしか見えない。新しいサムシングをティムも他の誰かも創るつもりは端から無い、きっと教祖がそうプログラミングした。

以上は独断に満ちた、根拠の無いただ単に発表会を見た感想です。
ただ、見たほうが記事にあるXのスペックだけ見るよりも色々感じ取れると思います。
iPhone X は歴代最高の出来だが、期待を超えなかった。

Face IDなど、ハード面での完成度は素晴らしいが、基本的なインターフェースの進化が限定的であったのは残念。

iPhoneそのものがカッコよくなればなるほど、デスクトップに並ぶアイコンがカッコ悪く見える。

そこの飛躍的な進化を期待していましたが、まだまだでした。

もちろん買っちゃいますけどね!笑
顔認証って諸刃の剣になるのではないでしょうか?

寝顔を見せて解除されれば…バレバレ不倫が続出するかも😅
指をあてさせるより簡単ですから…。
物理ホームボタンがなくなる不安は、「画面が認識しなくなった場合の不安」なので、「画面の下部分を指で弾く」という(おそらく振動センサーによる)ギミックでそれを解決したのはさすが。

指紋認証から顔認証への移行は、「画面に顔を向けて静止する」という作業がどれほどのストレスになるのかが(静止の程度や時間)気になります。顔写真で抜けられないかなど。

これから、「変顔認証」とかやって遊ぶ人が出てくるんでしょうね。

「事前予測と同じ」「期待以下」「高すぎる」という批判はごもっともですが、「iPhone」というたった一つのデバイスの進化でこれだけの世界の注目を集めている事自体が驚異的(かつ異常)なわけで、10年間もよく新機軸を出し続けて来たなと思います。

良くも悪くもこれで「iPhoneの進化で世間を驚かせる」時代は終わったのでしょう。

むしろ、ベゼルレス・ホームボタンレスの高精細有機ELで、10万円超えのプレミアムモデルというコンセプトは、ここへきて見事だなとすら思いました。
価格やスペックなどは、下記が分かりやすい。64GB/256GBの順に価格はこうなる。
X:11万2800円→12万9800万円(+1.7万)
8:7万7800円→9万5800万円(+1.8万)
8Plus:8万9800円→10万6800万円(+1.7万)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/13/news015.html

Xではホームボタンがなくなって、精度は気になる。FaceIDの情報は本体に格納する模様。そしてついにQi(ワイヤレス充電)搭載。
あと、久しぶりに背面はガラスが復活。一方で、イヤホンジャックは復活していないと考えられる。

現在意思をもって5s利用中…でもさすがにそろそろ買い替え時期かと思っている。どうしよう!

※7について、上記リンクで出ている価格より、現在オンラインのほうが安い。発表後の一時的な値下げか、それともリンクが間違えているか?まだジェットブラックやピンクはある(7については、これらの色も販売継続ということだろう)。
https://newspicks.com/news/2490795

<追記>もりちゃんさんのコメントが気になる。歩留まりが悪い中で、価格契約、Samsungの利益が出ているのかなど。<追記終>
スティーブ・ジョブズシアターの光景からスタートした動画発表。ウォッチも結構いいと思ったけど、誰もiPhone X以外目もくれず。iPhone8は普及モデル。案外それなりに売れる気はするが…どうせならみんなX買うよなあ。

指紋認証は廃止。代わりに顔認証を採用。虹彩認証は採用されず。
5.8inch OLED displayはこれまでのOLED では弱点とされてきた輝度などを改善しており、Super Retina Displayと呼称。物は言いようだなあ、と感じたが焼きつきなどにもソフト面からの対策がなされているのであればそれは朗報だろう。

価格は999ドルか1149ドル。256GBモデルで1200ドルは突破しなかったが消費税加えたら確実に突破する。

11/3から発売ということで、遅れてるという出荷を間に合わせて年末商戦にはなんとか…という感じか。9/12なわけだが、あとほぼほぼ2ヶ月あるってのはちょっと流石に…どうなのかなあ。販売にはそれなりのインパクトがありそうだ。

アニモジは面白い。顔認証の機能をこうした形でコミュニケーションツールに使ってくるとは思っていなかった。発表中、iPhone画面に大写しになるアレの絵なんかはジョブズが見たら発狂するのではとは感じた。

リークが多すぎて画面も背面も名前すらも既に知れ渡っていた通りとなってしまった。iPhone X発表前のiPhone8の発表中の駆け足感がなんともかんとも。時間通りに収めるのは毎度毎度凄いなあとは思うけど。ジョナサン・アイブのムービーだけでもかなりイメージ掴めたなあ。
アメリカでは映画のエンディングをネタバレすることをspoileなどというが、まさにそれを感じざるを得ない発表ではあった。
映像を見るとすごい高級感ありますね。
やはりベゼルレス大型有機ELは本当に綺麗です。

大きさも5.8インチとiPhone7 Plusよりさらに大きく、しかも解像度は2436×1125ピクセルとこれ又ドーンと大きくなってます。
従来のiPhone Plusは1920×1080でしたから、もう実際に手にとってみれば、画像の綺麗さは一目瞭然でしょうね。
うーん、早く触りたい!

新登場のFace IDも発表会の画像を見る限りでは、Surfaceなどに搭載されている従来の顔認証と一線を画す精度、スムーズさのように見えます。
この精度なら、単なるロックのギミック以上に、色々な応用が効きそうですね。

そしてカメラも遂に望遠側も光学手ぶれ補正がつき、動画も従来の倍の4K 60fps対応。
1080pならなんと240fps。もう家庭用ビデオいらんでしょ、これは。
更に意外と注目しているのがPortraitRightと呼ばれる新しいデジタル補正機能。
楽しそう&誰でも失敗なく綺麗な写真が撮れそうです。

何から何までプレミアムですよ。

惜しむらくは発売が11月ということ。
やはり事前予想通りサムスン製有機ELパネルの調達の問題で生産が遅れている様子です。

それまでApple Watch series3でも弄りながら、首を長くして待つことにしましょう。
「One More Thing」で噂通りの「iPhone X」。ただやはりかっこよかった。予約は10月27日から、出荷は11月3日から。価格は64GBで999ドルから。256GBの価格がわからない。
そのほか、iPhone8/8Plus、LTE搭載のApple Watch3、Apple TV 4Kなどが発表されています。

詳細については下記ページなどをご参照ください
【更新中】「Apple Special Event」リアルタイムレポート
https://www.gizmodo.jp/2017/09/apple-special-event-realtime.html
どう考えても個人的な注目はApple Watch。ついに腕時計型携帯が実用域に。Androidからメインを乗り換えてiPhoneにしないと導入できないのがいたい。
iPhone Xは、、、ティムクックっぽい、、、という感想。尖る興奮は無いが、なるほどサスガという完成度。。。
ただ、やはり数量が用意できなかったのだろうなと。iPhone Xだけでも膨大に売れるだろうから、革新的な技術や設計は、部品が調達できず、量産も難しく、採用が難しいのかも。
Touch IDからFace ID(顔認証)になるのですね。そしてFace IDから絵文字が作れると。Snapchat世代は好きそうだな。高いけれど、いいおもちゃになりそう。

ワイヤレス充電は想像してたのと違っていたので残念。
新着記事一覧
中国じゃなくて米国。羊牧場に落下した宇宙ゴミは野口さんらを乗せたクルードラゴンの残骸っぽい
ギズモード・ジャパン
4Picks

恒星の画像、実はソーセージの断面だったのにネットが騙されまくる
ギズモード・ジャパン
3Picks

作業が終われば平たくたたんで壁に立て掛けられる。省スペースなコクヨのワークデスク
ギズモード・ジャパン
3Picks

待ち時間もスマートに過ごせる機能満載なスーツケース「LiJ」
ギズモード・ジャパン
2Picks

黄金の蝶が羽ばたく豪奢なデザイン。和の彫金技術を生かしたクレドールの新作時計は限定1本!
ギズモード・ジャパン
2Picks

【Amazonタイムセール中!】最大45%オフ! 留守中も安心の防犯カメラ、ギフトにもぴったりのEcho Show 5など
ギズモード・ジャパン
2Picks

OBS StudioがAppleSiliconに対応。よーしMacBookで外配信するか!
ギズモード・ジャパン
2Picks

【楽天お買い物マラソン】Ankerの大容量・大出力ポータブル電源が2万円オフ、ダイソンの掃除機が31%オフ!
ギズモード・ジャパン
2Picks

めちゃくちゃ便利。iOS 16では一目で「iPhoneのバッテリー残量」をパーセンテージで確認できるっぽい
ギズモード・ジャパン
2Picks

お蔵入りが決まった映画『バットガール』と、決断の背景にあるワーナーの“お家事情”
WIRED.jp
3Picks