新着Pick
462Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
現代人類に起きている過剰流動性という現象を最も端的に説明できるニュースがこれだと思います。当世で最もディシプリンの効いたバリュー投資家バフェットが、10兆円の現金がありながらも投資に値する資産が無いと。

対照的なのが孫さん率いるソフトバンク。自己資本の数倍を借金してレバレッジ効かせ、それでも足りないから10兆円外から調達し買いまくってる。

このバリュー投資家 vs グロース投資家、どちらの世界観、歴史観が正しいか。

検証は30年後くらいに必要だと思いますが、同世代を生きる我々としては、それは検証すべき対象ではなく選択すべき生き方の問題なのだろうと思います。
今年の株主総会で、3年後の株主総会のタイミングでキャッシュ保有額が1,500億ドル(約16.6兆円)を突破していたら、これまでの無配方針を見直すとバフェットが発言したけど、もしそうなれば稼いだお金をほぼ全て米国に再投資し続けてきたバフェットがついにスタイルを変える歴史的なイベントとなる。複利効果のスノーボールが大きくなりすぎて山から十分な雪がなくなって、転がせなくなってしまった状態
レバレッジを効かせまくっているソフトバンクが羨ましいでしょう。ハイテク株に投資できればこんな苦労はしないでしょうがしないことによってここまでの地位を築いて来ただけに一朝一夕には変えられないか。
振り切ってサーバ買いまくって打倒Amazonってのはどうでしょうか。
ボーナスを投資信託に突っ込もうかと考えてましたが、やめておこうかな。