新着Pick

英雄か。怪物か。世界最強のハンバーガー帝国を創った男

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
724Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マクドナルド弟にトイレでレイクロックが語るシーンがなんというか、クライマックスですね。全ての伏線を回収してる感じ。久々に面白い映画でした。
少し前に機内で見ましたが、はっきり言って人間性としては最低レベルの描かれ方。主人公が元祖創業者兄弟と共同でフランチャイズ化をスタートしてその後いかに彼らから事業をだましたり脅したりして奪っい取ったかという話なのですが、一方で経営の本質とは何かを考えさせられる大変深い映画でした。重要なのはアイデアか、仕組みか、資金調達か、組織作りか。

自分の経験にもてらしてそれを真剣に考えながら見ると、頑なに変化を拒む兄弟に対しPDCAを回しながらカイゼンを迫るレイが、やり方はヒドイが一方的に悪いとも見えなくなる。
同じ飲食で世界スタンダードとなったスターバックスのハワードシュルツも創業者で無い事も偶然ではないようにも思える。

映画の最後のほうで、全てを奪い取られた兄弟がレイにある質問をする。
ネタバレなので書きませんが、そのあたりのやり取りに事業経営の真髄とは何かのヒントがある。

ちなみにレイがマックを始めたのは52歳、それまではしがない行商をしていた。
試写会に参加させていただきました!

マクドナルドを全国にフランチャイズ展開した、天才のお話です。

自分の執着するもののためなら、他の人を蹴落としてでも登っていく。

うわー、私がマックに行く行動の裏には、この人の執念があったのか!!と思うと、マックに行きたくなくなるぐらいです。笑

とはいえ伝えたいのはシンプルで、人生における選択と集中、そして信念に基づく、執着と継続の重要性。

成功のための継続の重要性は、私が高校時代に本当にたくさんの熱い夢を持った同世代が、小さな石ころにつまづいて夢を諦めて行くのを見て、痛いほどに感じたことでした。

私はどちらかというと、心の中に消えない炎を灯しているタイプですが、もっともっと熱い想いは伝えなきゃなぁということを感じさせられた作品でした。

がんばります💪
契約書を作るときは、性悪説の観点から、あらゆる回避スキームを想定して潰しておけ、という教訓映画です。
夏休みのためスイスから日本に向かう機内で見ましたが、色んな意味で面白かったです。

ビジネスパーソンにはお勧めです!
本当の事実は分かりませんが、ビジネスが急成長して上手くいっている時は自分が王になったような錯覚を起こし、調子に乗ってしまうものだなと思いました。

辛い時に長年支えてくれた家族である奥さんに対する最後の交渉内容に彼の真の人間性が出ているなぁと思いました。

ちょっとトランプと重なりました。

資本主義社会では確かに彼は英雄と見られても、世界がこういう人ばかりだと戦争は無くならないだろうとも思いました。
これは見たい!
今週土曜日の映画館予約しました。(コメントを見て大凡の展開内容が想定できたのは、ご愛嬌)
この映画もう爱奇艺で観れるw今夜観よう
本とはだいぶ印象が違った
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
7,007 億円

業績