新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
留学生とNewsPicksのコラボ連載の第2回。今回は、学生記者の渡邊康成さんがYale-NUSで教える日本人教授2人や大学当局者へのインタビューをベースに、リベラルアーツ教育の魅力を浮かび上がらせます。当事者への取材をしっかりと、かつ、多角的に考えた質の高い記事を送られてきてたときは驚きでした。

大学の話ですが、ビジネスパーソンにとっても、示唆に富む内容ではないでしょうか?

第1回はこちら
「シンガポールがリベラルアーツの名門イェールと組む理由」
https://newspicks.com/news/2379837

明日の第3回は留学生たちがどういった経緯でYale-NUSの門を叩き、リベラルアーツで何を学んだのかにフォーカスを置きます。英語が堪能なエリート?と考えがちですが、意外な姿が浮かび上がりました。明日もお楽しみに。

追記:本記事の著者の渡邊さん、全体のとりまとめてくれた石田さんからのコメントが入りました。お二人ともYale-NUSの現役生で来月から2年生に進級します。
リベラルアーツがなぜ重要かを語らないといけないほど、この世の中がリベラルアーツ/教養の重要性を理解していないことが残念。
人生100年かそれ以上の時代に生きる学生世代にとって、専門性などというのは生きてる間に何回/何十回も陳腐化する。むしろ大学生ぐらいまではリベラルアーツ以外を教えても意味がないのではないだろうかとすら思います。
ただ、そうは言っても卒業直後の就職のこともあるでしょうから、本当は高校から大学の2年生ぐらいまではリベラルアーツ中心、大学の後期は専門に進むのが良いのではと思います。
そういう意味で、東大は捨てたもんじゃないなと最近思ってます。
この記事を読む以前から感じていたことではありますが、日本の大学は教授と学生の距離が(ゼミなどを除けば)遠すぎると思います。テストの採点結果などについて学生側が疑義を持ってもその情報を開示すらしない、学生センターから教授に伝える意向すら見せない、学生から教授を評価する機会もない、というのはやや残念な部分だと思います。Yale-NUSはこの辺り、学生目線が凄く大事にされている場に見受けられました。
今の10代は恵まれていると思いますね。大学進学の選択肢がアジア(日本含む)、欧米、中東、インドと多様。今回の記事のNUSのように日本人の先人が教員側にも学生側におり、情報がそれなりに入ってくるので、海外の選択肢が現実的。
現地リポート第2弾。日本人の文系教員2名も所属しているとのこと。とても興味深い。手厚く、細かく人物を見る入試が指摘されるが、入試は専業の「入試担当のカウンセラーたち」が行っているところは重要。日本ではセンター試験監督含め、(文科省的理由を除き)必要性や合理的理由がよく分からないところまで教員が形式的に関わることになっていて、皆、疲れ切っている。入試改革云々もいいが、これらの解消のほうがよほど大学改革に即効性があるだろう。
日本の大学では、教員の専門領域と学生が学びたい内容、社会が必要とするスキルの間に乖離があるのは一目瞭然。教員は専門外だからといって忌避せず、積極的に新しい領域に踏み込んでいって教育を行う必要性がある。それは学生だけではなく、教員にとっても学びの場となるのだから。
人間力をAdmissionの主眼に置いているとはいえ、4000人の出願者にひとり2時間、つまり延べ8千時間かけるってすごいですね。
10年前、映像教育の名門NYU(ニューヨーク大学)がシンガポールにフィルムスクールの分校を作ったので、出願前に見学に行ったことがありました。

教員リストを見ても一般人が知っているような映画やテレビ番組を作った経験のある人がほとんどいなくて、大丈夫かな~と思っていたら、案の定2015年にキャンパスが廃校になりました。

潰れた理由はよく知りませんが、フィルムスクールという性質上、教員は専従はほとんどおらず、業界で働きながら教えている先生がほとんど。シンガポールに行くことで、少なくとも数年間キャリアが中断するため、良い教員が集まらなかったのは確かです。

リベラルアーツなどはこうした問題はなく、シンガポールに良質な教員が集まっているのでしょうが、分野によってはリスクもありますので、きちんと自分の頭で考えることが大切かと思われます。
人のあり方を考え抜く力。発送の転換と思考の応用。自分が学生時代にやってこなかったことばかり。。魅力的な大学!
楽しそう。実際自分が18歳の頃に選択できたかわからないが…。「考え抜く力」とは何で、それを身につけるプロセスの設計が極めて難しいと思う。リベラルアーツの大学こそInstructional Design力で差がつくのでは。
この連載について
キャリアの話題に関する特別レポート
株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,163 億円

業績