新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

112Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界中のほとんどの会社で、ハードとソフトとクリエイティブは仲が悪いというのは共感。頭の使い方も、時間の使い方も違いますね。さらに言うと、モノの見方、考え方も違うので、擦りあいにくい(笑い)

一方で、人材が日本には滞留していること、擦り合わせの意欲を持っているのも実感。
本文)ソフトウェアではアメリカほど優秀ではないかもしれないけど、二流でもない。1.2流くらいなわけです。それに、同じレベルの人材がハードウェアにもクリエイティブにもいます。各分野がひとつになって働ける国が、日本のほかにどこがありますかということです。

ロボット産業には、この経営資源を使いこなして、世界市場をけん引してほしいですね!
ドラえもんを例に挙げた話が分かりやすかった。そんなロボットやAIを作れるのは日本人だけだと思いますが、それには日本を理解し、日本語を理解する必要がある。技術だけを追っていても駄目な部分もある気がする。
記事に少し言及があるが、日本は鉄腕アトムに始まりヒト型ロボットへの抵抗感がないというかこだわっているのに対して、海外は逆に機械とヒトは違うという文化・宗教的な考え方も背景に、ヒト型ロボットへの拒否感が強いのが一般論。
それでもドラえもんがユニバーサルなコンテンツとして海外でも結構人気はあり、また海外での「近い存在」が「たまごっち」というのは、時代が変わってきているし日本のイメージも変わっている示唆で興味深い点。

また、時代観もとても面白い。前向きな人は応援してくれる人も増えるし、失敗もあれど、そうやって未来は作られると自分は思う。

『その中間である日本で、同じことをできないわけはありません。事実、60年代〜80年代まで世界的に見てもかなりイノベーティブだった日本が、今はそれができない理由を一生懸命言い訳しています。
しかし、歴史のうねりからみたらその言い訳も誤差みたいなものでしかありません。それなら、やってみようじゃないかと。』
藤子不二雄や手塚治虫の哲学は、世界市場における日本の優位性!
トヨタやホンダが世界の車産業に貢献できたのも、ハードにヒューマニズムを組み込めたからなんだろうな・・とふと思いました。
テクノロジーとビジネスと哲学や文化を、良い塩梅でブレンドできる人材。このハイブレッド人材がこれから求められてきそう。
林さんの言語的な説明能力の高さにご注目。
今は弊社開発中のロボットの試作機を持って、世界四地域のお客様の声を聞くというワールドツアー中です。

アジアに続いて米国の結果も上々。
ニューヨークだけでも驚くほどの市場があるとの結果。
割り引いて考えても、これは相当面白い事になりそうです。

www.groove-x.com
ロボットには「ハードとソフトとクリエイティブ」。ここに日本の強みである「マテリアル」を加えたいです。Pepperの立ち上がりが遅かったのは樹脂製の外装の量産に苦戦したという話もありますので。
非常に面白いコンセプト。
ドラえもん以外に、最近だと攻殻機動隊のタチコマが非常に象徴的だと思ってます。
この連載について
成功する企業には「優れた戦略」がある。優れた戦略の条件は「そこに思わず人に話したくなるようなストーリーがあるかどうか」と説く楠木建教授。本連載では、「戦略ストーリーの達人」たる経営者との対話を通じて「稼ぐ力」の中身を解明する。