新着Pick
496Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大阪の会社なのでもっと笑いがあると思ってましたが、その辺は大阪の中でも霞ヶ関的なんだと最近気付きました。日本のカリフォルニアとして関西パワーで日本を引っ張って行って欲しいですね。

初めての経営会議では、しっかり笑いをとって「デビュー戦素晴らしかったです。勇気ありました。」と凍った雰囲気の中での一発を津賀さんに褒めてもらいました。
会議については何回かコメントしているので過去コメントの切り貼りですが・・・
https://newspicks.com/news/1969425/
https://newspicks.com/news/2092077/

◯判断や確認をする会議
◯考えを深める会議

の2つは分けて考える必要があります。

前者は効率性を重視すべきで、特にファシリテーションが肝になります。

一方、この記事でも語られているイノベーションを生み出す種類の会議は後者にあたり、深めることが目的であるため、必ずしも生産性高く短時間で終わらないことも多いです。ある程度の時間を区切る必要もあるものの、じっくり深めることに価値があります。

コンサルティングプロジェクトの中で行う社内ミーティングは圧倒的に後者が多く、笑いも重要というのは大変よくわかります。
ああでもないこうでもないとホワイトボードを囲んだり、データを印刷したエクセルを「すかし」のように眺めたり、だらだらお菓子を食べたり(笑)、その考えるプロセスをチームみんなで共有することで、ポンといいものが出てきたりします。

一方で、後者の会議の場合にリラックスして臨むだけではもちろんダメです。考えをみんなで深めることが目的ですので、事前に考えてこなければ話にならないのは当然として、互いに考えをぶつけることでその場でさらに考え・発信すること自体が会議に臨むことの価値です。このタイプの会議では、発言しない人は考えていないのと一緒なので何の貢献もしていないことになります。生煮えでも発信する方が、何も発信しないより100倍価値があります。

後者のタイプの会議を明確に意識して実施される場が増えると、新しい考えがより生まれやすくなるのでしょうね。
そうなんだよね、雑談こそがアイデアの源泉となる。形式ばった会議からは何も生まれなくて、休憩中のほんの雑談が良かったりします。
「はたらいて、笑おう。」インタビュー連載、3日目は、この4月にSAPからパナソニックに移籍されたばかりの馬場渉さんです。SAPではチーフイノベーションオフィサーでしたが、日本の製造業の代表格でもあるパナソニックでどんなイノベーションを起こしてくれるか楽しみです。馬場さんが、どんな「はらいて、笑おう。」を意識してるか、ぜひお読みください!
馬場さんのスーツ姿は新鮮!笑

下記発言は本当にその通りだと思います。お通夜みたいな飲み会からベンチャーは生まれないですもんね!

皆でゲラゲラ笑いながらアイデアを出し合ったほうが、よほど規格外のアイデアに恵まれるはず。
確かに他人から与えられた目標に向かっている人が苦しんでいる印象。「苦しんでる」というマイナスな状態をプラスに変えて行く上で、昇進や昇給のような外発的動機付けは頭打ちになりますよね。もちろん、昇進昇給が内発的な動機にできる人には別の話だけど。

会社やチームがもつ目標を、自分の喜びに紐づける目標とリンクさせている人は強い。忙しくても楽しそうに仕事の成果をだしてる印象。メンタル面もマイナスに働きにくい。

かくいう私は、自分でやりたいと思ったことを始めたはずなのに、目標を自分で納得しきれなかったこともあり、結果として他人に良い影響に結びついても苦しかった経験があり、それを振り返ると、「目標を自分なりに納得できる形できめる」ことは大事なのだろうなと思います。

これができるために個々でどんなことをすればいいのか、いろんな選択肢がありそうだけど、なかなかその「答え」を見出すのは難しい。学びながら試行錯誤する感じなのかなと、思っています。
日本語ができ、日本のコミュニケーションのコンテクストまでわかっていることが武器になる。さらに言えば日本の企業・ビジネスパーソンに知り合いが多い。

これを武器にするにはそれなりの覚悟のいる環境に身をおかれていたわけで、そこがすごいところです。

私もブラジルでそういう人材になりたいと思って日々暮らしておりまして、勝手ながらもろもろ共感させて頂きました。
楽しい仕事は、自分で目標をたて、その達成プロセスを無我夢中で走れている状態。

達成が目的ではなく、プロセスを心から楽しめていることが大切だと感じます。
目標設定に自己納得感をもつことも大事だけれど、プロセスを楽しむ工夫も同時に意識できると楽しみは増すと思っています。
パナソニック馬場さんの心温まる、笑顔になれる勇気を頂けるメッセージ。

反省と共感と共に、毎日何人の人と笑顔で働けるかを楽しみに仕事しようと思います。

以下馬場さん語録

「自分で立てた目標に向かって、他人の成果のためにはたらくことができれば、仕事はもっとやり甲斐のあるものになるはずです。」→仰る通り。でもまだまだなかなかこれが出来ない。自ら率先しつつ、出来ない人や環境を変えていかないといけませんね。

「仕事をしていれば笑えないこともたくさんあります。それでも、多少無理をしてでも笑顔を心掛けていたほうが、自分も周囲も楽しくはたらけることは間違いありません。」→如何にヘラヘラと難しい仕事をみんなでやるか?此れ程カッコいいことはないと私は思います。

「イノベーションを起こすためには、カオスな状況が必要であることは、科学的にも実証されています。極端に言えば、組織の中でイノベーションを起こそうと思えば、皆でバカ笑いでもするしかないと僕は思っています。」→笑いながらイノベーションを起こしたいですよね。

「無駄な笑い、無駄に見える時間が生み出すものに、もう少し注目してみてもいいのではないでしょうか。」→これこそがQuality of Work!こういう時間から良いアイデアが産まれますよね。

難しい顔して仕事しても、不幸になるばかり。
笑顔で、泥かぶりながら前進しましょう!
尊敬する真のグローバルイノベーター、馬場さんの記事!日本語が話せることが価値になるとおっしゃっているのは、120%共感します。中国語の話せるグローバルビジネスパーソンなんて死ぬほどいるので競争厳しいですが、日本語が話せてかつグローバルい勝負できる人は無茶苦茶少ないので、簡単にGDP世界第3位のRepresentativeになれます。ただそうなるためには日本全体のことやそれと世界における関係性みたいなところもしっかり理解して話せる必要があります。一会社や一部署のために一生懸命というスタンスではいつまでもそのレベルの視野は持てません。

業績

SAP SE(エスエイピー・エスイー:英語、エス・アーペー・エスエー:ドイツ語: SAP SE)は、ドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社。 ウィキペディア

業績

新着記事一覧
なぜ「管理職≒管理のできない人」になってしまうのか?
GLOBIS知見録 最新記事
2Picks

【意外】万年筆を見ると、「国柄」が見える
NewsPicks編集部
14Picks

教育政策で失策続き、文科省には解体的改革が必要だ 筆記体も学ばせずに、なにが「民間英語試験」の導入だ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

嫌韓、ミソジニー…思想信条に反する人の話をどう聞くか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

いじめられている子の保護者を襲う「モンペ認定」の落とし穴
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

今どきアラフォー男性の家族愛、「妻子より仕事」からどれだけ変わった? - 井の中の宴 武藤弘樹
Diamond Online
3Picks

【大人の激変ヘアメイク】 大人のくすんだ肌の 透明感をアップさせる 髪の色とは? - 激変! ビフォア・アフター 今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則
Diamond Online
2Picks

人生100年時代。長生きが普通になった今の、新しい生き方とは? - おしりが上がる驚異のきくち体操
Diamond Online
4Picks

「プレゼンの採択率」の高い人が 実践している“超シンプル”なコツ - プレゼン資料のデザイン図鑑
Diamond Online
3Picks

緩和ケアの医師が教える、 家族にできる、がん患者の苦しい、辛いをやわらげるために今すぐできること - 後悔しない死の迎え方
Diamond Online
4Picks