新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

145Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事、書きました。一蘭は20年ほど前に昔の勤務地の博多の駅前ビルに店舗があったのでよく食べにいきましたが、「ちょっと変わったラーメン屋さん」というイメージでお客もそんなに多くなかった気がする。それがあれよあれよという間にすっかりメジャーになり、海外へ進出し、250時間(つまり10日間以上。もしかすると現在も更新中)も続けて行列ができる店になっているとは。2時間も3時間もラーメンのために並んでいるのはさぞ大変だろうなと思っていたが、顔を見てみるとみんな笑顔を浮かべており、だいたい4〜5人の仲間かカップルで来ていて、一種のエンタメとして行列を楽しんでいるようだった。この記事の内容とはずれるけれど、日本以上の多様な麺類文化を持っている中華圏で、日本のラーメンがここまで受ける状況はけっこう気になります。
欧米と違い台湾はラーメンだけで勝負する店が沢山あるので、一蘭システムが受け入れられる素地はある。問題は値段。市場価格に比べると馬鹿高いと思われるだろう。その辺をどうアレンジして行くかが鍵。ここクリアできたら台湾はドル箱になるだろう。それくらい一蘭システムはすごい
凄まじい人気振りですね...。六本木店なんかは割と空いてるので驚きました(言われてみれば確かに海外お客さま多い所感)。
ラーメンに限らず五輪機会に日本のB級グルメ(特にソース味系)大ブレイクしそうな予感。
嬉しい悲鳴とは言え危機管理対応での初動は大事ですね。
ブラジルはサンパウロだけちょっとしたラーメンブーム。ある程度のクオリティ(個人の主観です)の店がこの一年ちょいで6店舗オープン。

大手が店舗展開するにはまだまだ市場は小さいですが長い目で個人商店レベルでいくならありかもしれません。
日本でも、ラーメン業界のイノベーション事例は多いが、「個店が、戦場(場所)ごとに競争できる」「個店の取り組みが見える」「個店の勝ち負けが見える」「料理、場所、人など創意工夫で変えられる」ことが、業界盛り上がり要因でしょうか!

六厘舎等の行列・プロモーション。つい並んでしまいますよね!
https://taptrip.jp/9971/

ラーメン二郎などの、熱狂的ファン・マーケティング。つい語ってしまいますよね!
http://buzz-plus.com/article/2015/11/28/jiro-ramen-jirorian/

環境の違う台湾の盛り上がりは、旅行者からも聞いており、今後の競争を楽しみにしています!

(本文より)
特に廉価な麺食店が軒を連ねる台湾で、路面店に出店して成功するために重視されるのはお客の回転率である。

高い価格をとらざるをえない日本のラーメン店が成功するのは容易ではなく、日本のチェーンの山頭火、一風堂なども利益率は低くてもデパートやショッピングセンターへの出店を中心にしている。
一蘭が出店したのは、台湾の新都心的位置づけの信義地区。かなり地代の高い地域で、商業ビルの1階に路面店の形態で出店した。
以前、マレーシアから来た某議員(華人系マレーシア人)さんに東京案内をしたとき、六本木店につれて行き、なぜこういう作りなのかを説明したら、かなり感心して「面白い!」と言ってくれました。

ラーメン店の海外展開は、ラーメン一本でいける国かどうかというのは、堀江さんがご指摘するように重要なポイントだと思います。日本人からすると、「伸びちゃうよー」というペースでゆっくり食べながら、何皿かおかずも頼んで1時間、2時間過ごす国もあります。ラーメン屋でありながら、和食ファミレス的な要素が必要な場合も。
先週、久しぶりに夜食食べに一蘭立川店行きました。替え玉前提の少なめの麺量と分かっていながら、それにまんまと乗っかって替え玉をお願いしちゃうんですよね。

牧田さん、ラーメンネタということでコメントお願いします。
嘘のない、誠実な素早い説明が受け入れられる。ですね。
いい文面だと率直に感じた。

いづれにせよ、全国の上手いラーメン店が集まるラーメン天国の東京。
一蘭はたまに食べたくなります。店舗だけでなく、味も独特だと思うので台湾の方に是非はまっていただきたい。
2013年に香港にオープンしたとき、夜の3時に飲み終わりのシメで行ったら150分待ちと言われ、愕然としました 笑

その後も店舗数を増やしていますが、大型店が多いですね。ASEANよりは、レストラン的ではなくラーメン屋的にサクッと食べて帰る客が多いですが、日本に比べると滞在時間は長いです。