新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

457Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀江さん・高城さん・西野さん、みんな我が強くて自分の意見があって、変な免責や言い訳がない。読み物として、スカッとする。みんなモジモジして言いたいこと言えないので、TBSのサラリーマンドラマ(半沢直樹とか小さな巨人)に求めているスカッと感に近いものがあります。

プロピッカー選定も、ぜひこの基準で進めてもらえると良いのになぁ。。。
とても共感できる内容。最近は1週間同じ国に居ると身体がムズムズして移動したくなってくる。移動ばかりで疲れないかよく聞かれるけど、僕にとっては移動しない方が遥かに辛い。そして、3日前に生後2ヶ月の子供と一緒にシンガから日本に移動してきたけどフライト中ずっと機嫌良くて、ノマド気質受け継がれていると安心した
高城さんの話、面白いよと、周囲に言っても「え・・・?あの人?」という反応が数年前、というか、ごく2年程度前でもほとんどでした。比較的初期から著作を読んでいる私としては、こうして広く読まれるようになってきたのは、ある意味で感慨部会です。アナザースカイに出演したときの高城さんも面白かった。ライブトークだともっと面白く感じられると思います。

深圳は圧倒されるのですが、普通の人が買い物するには難しい街。秋葉原は深圳価格の3倍とかにはなりますが、目利きの業者さんが選んでくるので買い物がしやすい。香港も深圳のものがある程度ふるいにかけられてくるので、そこそこに買い物がしやすく、深圳の「香り」が残った「なにこれ?」もある。

新宿西口のヨドバシカメラは、私も日本に帰国したときに寄ることが多く、数時間さまよっていることがあります。

ヨガ・ピラティスは、日本だと女性限定というクラスがかなり多いですよね。でも外国ではあまり主流では無く、男女一緒にやっている場合の方が多いです。

国家については、国家は現実としては残ってるんですが、人をコントロールできるという幻想はほぼ崩壊。移動のためのコストが大幅に安くなったこと、そのための情報がネットさえつながっていればほぼタダで入手できることが大きいです。国家の役割は福祉は重要ですし、外交や防衛も、国家という枠組みがある限りはやらないといけない。でも、逆説的ですが、それは国家があるが故に(福祉を除くと)。国家運営に携わる人は、自分たちがコントロールできることがすごく少なくなってきていることを自認しないといけないし、そこで変に権力を発動させることや、旧態依然とした権力行使にこだわることでかえって混乱が起こることを自覚する必要がある。

話しは飛びまくるからこそ、面白い。アジア関連のセミナーで講師をすることがときどきありますが、アンケートをみると脱線した部分のことを面白かったと書いてくる人が多いです。そういうものなのかもしれません。
高城さんの話を聞いて、コロラドに行ってみたくなりました。次から次に面白い都市が出てくるのはアメリカの強み。日本にも東京のライバルがほしいところです。
コロラドは新しい文化が生まれる
これでいうと、総合格闘技の始まりであるUFCが始まったのが、コロラド州のデンバー。これはコミッションがない州だった背景があるので、コロラドだから生まれたわけではないのですが、コロラド生まれ。

程よい個人主義
集団で何かをすることが苦手なので、この傾向が強まってくれると嬉しいです。生きやすい社会が出来る。
テクノロジーの発達で重要なものが変わってきている.例えば,生産性が上がって生産過剰になったことで,労働生産性を重視することから環境効率性を重視することへ変化しているし,労働時間を減らして,家族やコミュニティ,社会貢献などに当てる時間を増やすようにもなってきている.中世に教会やギルド,都市国家など多様な主体が活動していたように,これからは国家が中心の世界から,NGO.NPO,企業,また個人など様々な主体が活躍する時代に移っていくのかもしれない.多動性の人には生きやすい世の中になるのかも.
お二人の会話を見ていると、知識や話していること、当然裏には考えていること、それこそが多動と感じるところ。視点や行動がまだまだ狭すぎることを痛感します。
この連載めちゃめちゃ面白いです。
いま、カリフォルニア・ロサンゼルスが文化や技術で世界的にどれほど牽引しているかはちょっとわからないですが、コロラドが昔のカリフォルニアの風が吹いてるっていうのは、たしかに話題にはなってきている印象はあるのですが、行ってみないと肌間ではわからないなと思いました。(少なくともデンバーの空港行っただけではわかりませんでした笑)

記事にあるように、まさにヒスパニック系が多いのが現在のカリフォルニア(なにも南部のロサンゼルス周辺だけでなく、サンフランシスコの遥か北の小さな街にもヒスパニック層はかなり多い。もっというとシアトルにも)で文化的には白人中心ではなくなってきています。

なお、ロサンゼルスは気候の良さ+生活コストの低さ(ニューヨークやサンフランシスコと比べて)を重視して移住する人が多いですが、海・ビーチがあるというのも一つアメリカ人のライフスタイルでは重視されている印象を受けます。
秋葉原のピポッドの仕方はすごいよね
40歳を過ぎたらヨガ、ピラティス……10年ぶりにヨガを習い始め、心と身体が落ち着いてきた気配を感じています。強靭な身体になりたい、痩せたいと、個人トレーナーならってウェイトをしているときは、トレーナーに自分の不出来を謝ったり(運動神経ゼロなので)、気を使ったり、コンプレックスを感じたりして、かえってストレスを溜め込んでいたように思います。自分に合う健康法を模索することとは、ちょっとしたジャーニーですねぇ。
この連載について
複数の仕事を同時に動かす力「多動力」。あらゆる産業の壁が溶けている現代の必須スキルとも言える。本特集では著書『多動力』を世に問うた堀江貴文氏と、各界の「多動人」が登場。いま、なぜ動き回ることが重要なのか、新時代の人生戦略について語り合う。
株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.59 億円

業績