新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧米に一週間程度滞在すると、日本/アジア的な醤油 or 味噌「大豆発酵食品系調味料」がとても恋しくなります。

ANA国際線ビジネスクラスでは、一風堂(ラーメン)のサービスがあります。これは欧米食に疲れた日本人胃袋に直撃。
日本への復路便ではあちらこちらからラーメンの匂いと音がします。コースディナーを辞退してラーメンをすする方も結構いる
Aki Moriさんのコメントがドツボでした。
国際線の中で、コースを食べずに一風堂のラーメンをすすったのはまさに私です(笑)

世界中どこに行っても現地の料理に馴染めるのが自慢の私ですが、帰国途中はもうすぐ日本に帰るにもかかわらず、無性に日本の味が恋しくなったりします。
さすがANA、わかってるな、という感じですね。
どんどんよくして欲しい。そして機内食はセブンイレブンの冷凍食品の温めがベスト。コース料理とか大して美味くないのでいらない。
長距離路線のサービス競争でファーストクラスの個室化が進むにつれ、ビジネスクラスは従来のファーストに近い機能を求められるようになりました。そのために従来のビジネスに相当する機能としてプレミアムエコノミーが登場しています。
LCCとの競争関係を考えると、今後いわゆるレガシーキャリアではエコノミーは縮小傾向で、プレミアムエコノミー以上の上位クラスの占める割合が多くなるでしょう。

一方LCCでも、顧客単価を上げられる上位クラスの導入が進んでいます。そのあり方については各社手探りの状況ですが、レガシーキャリアにおける一昔前のビジネスクラスのような座席、サービスとなっているところが多くなっています。

レガシーキャリアに限らず、LCCでもビジネスクラスでのサービス競争がさらに進むと見込まれます。
もうイメージしているビジネスクラスではない。これはファーストクラスなんではないだろうか。
ビジネスクラスの進化がすごい。

画像は下記リンクからご覧ください。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-09/OR8M1BSYF01T01
さいきんエミレーツのビジネスが丁度いいです。食事もいろいろセレクトできるし、何よりも飲み物。ワインのセレクトが西海岸やNZワインの美味しいのがあってツボ。バーでシャンパン立ち飲みもよし。気が楽です。ソフトドリンク派には座席についている個人冷蔵庫みたいなのから選べます。人件費もかからないぶん質をあげられるのかな、と思ったりもし。

ただ落ち着くのはJALかな—
決して安くないビジネスクラス席。各社なりの創意工夫を求めたい。
そんなことより低料金化を求む。
乗ってる間に時差を調整してくれる機能があったらな〜と思う。