新着Pick
1426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年よんだAI関係の中で一番ビジネスマンがよまなきゃだめな記事
おっそろしく、分かりやすくて
マクロに伴ったインパクトあることを
技術的にできる順番に応用可能にうたっている がちでマストリード

ちょっと補足すると、調理とお片づけが重要ってとこが大事じゃなくて、松尾先生がAI によってセカイがどうかわるかの見方を学ばなきゃいけなくて

例えば、
信号が赤と青をもたなきゃいけないのは、目がなかったからだ。

と、さらりといってるセカイががらりと変わる技術による今の制約を可視化することや

それをマクロのインパクトで数値化すること、今の技術で展開可能な場所はどこかという探し方。それがたまたま牛丼だっただけで、

大事なのは思考方法
有名な東大松尾研のインタビュー、ということで堅めの話かと思いきや、食や料理の機械化や牛丼を熱く語るなど、極めて身近でありながら色々な可能性が感じられる内容で大変面白かったです。
料理や片付けに自動化余地があるのはとても納得できるしこの分野で日本が競争力を持っていき、世界をリードするというのは大変夢のある話
若干余談ですが、子供が「ミッキーマウスクラブハウス」という番組が好きなのですが、そのなかで「ミニーが作るミニーストローネスープ」という話があるのですが、ミニーが実際にやっているのは材料を集め、分量を測るたけであとはキッチンにあるアーム型のロボットが作っていて、「ミニー作ってないじゃん!」とつっこんでいたのですが、あれは未来予想図だったということなんだなあ、と感じました 笑
言われてみると当たり前なのですが、人的集約度が高い産業/業務ほど「眼を持ったAI」によるインパクトが大きいという話。それが外食や清掃。
さらには、日本の食文化や清掃は世界トップレベルの顧客ニーズを満たしているので、その完成度も世界随一という松尾先生のご指摘はまさしくその通りだと思います。
根本的な話として「日本」単位で得意だとかどうでもいい気がする。吉野家の牛丼が最適化されてるのはその通り。
話が飛びますが、私は「ベーシックインカム」よりも「ベーシックサービス」が現実的だと思っています。
社会保障は本質的に再配分ですが、子どもや老人、弱者にベーシックインカムを渡すために多額の負担を行うことを、現役世代が反対するからです(「これではベーシック・インカムではなくて、ベーシック増税だ」)。
生きるために必要なサービス(医療、教育だけでなく衣食住)を国民にあまねく提供することは、恒久的な増税ではなくAI/ロボットへの投資を通じて一定程度実現できるように思っています。こう考えるようになったのも、松尾豊さんの話に影響を受けてからでした。
もし調理ロボット、お掃除ロボットが実現したら、とくに女性の働き方が激変するでしょう。

日本では、他の先進国に比べて、女性の家事負担が重いのはよく知られた話です。この負担がなくなると、女性がますます活躍しやすくなるのではないでしょうか。
牛丼の考察がめちゃくちゃおもしろいです。セントラルキッチンではなく店舗で調理した方がおいしくなり、かつオペレーションが簡単で、しかも「こだわりの味」みたいなものがあまり存在せずチェーン店が一番おいしい。確かにラーメンはものすごい次元で多様化していますし、ハンバーガーは高級なものもありますし、カレーのことを考えると「家庭の味」なんてわけのわからないものもあります笑 牛丼をこんな風に見ると唯一無二の存在に見えてくる不思議・・・笑

素材で味が決まる料理は自動化に向いているということなのかもしれませんね。そうなると牛丼の次に思いつくのはおにぎり・・・くらいでしょうか。朝からお腹がすきます笑
ポイントは「ディープラーニングとモノ作りの技術を組み合わせれば」この部分だと思います.
最近,機械学習系の方にも手を出し始めているのですが,データだけで完結するようなタイプの研究は,”これはすぐに後追いで追いつかれてしまうな”感があります.結局,データだけあれば何とかなるという勝負は避けて,+モノづくりの部分で勝負しないと勝てないなと.その点で,料理や片付けは,原理上モノが絡まざるを得ないので,確かに面白いと思います.日本人のこだわりも大きな分野ですし.
これ、シンガポール、香港、湾岸諸国に導入されたら、フィリピンのOFW(Oversea Filipino Workers)はどうなるんだろうか。フィリピン人お手伝いさんの主な仕事は、まさに掃除や料理(プラス、子守や介護、ペットの散歩など)。出稼ぎ立国フィリピンの最大の競争相手は、AIかもしれない。記事に書いてあることが実現すれば、世界のお手伝いさん産業が大きく変わるかも知れない。

過去にこんな記事を書いています。
参考まで。
「フィリピン出稼ぎ立国は変わるのか 好景気の実力」
https://newspicks.com/news/1747537

「外国人家事労働者に出産を認めないシンガポール」
https://newspicks.com/news/1594541
世界一のレストランとして名高いnoma。以前友人に誘われコペンハーゲンに行ってきました。友人が関係者だったこともあり厨房を見学させてもらったのですが、驚いたのは二階の方が1階の厨房より雇用者が多かったこと。ラボでは世界中の食材を組み合わせ、独創的な料理が考案されているようでした。

数十年後には大根の桂剥きやハモに包丁を入れるような作業はロボットの方が上手くなり、料理人とはある種のクリエーターを指す言葉になっているのかもしれないと感じました。
この連載について
ウェブ、ソーシャルの波に続く、新たな波が押し寄せている。AIなどのテクノロジーは世界と日本をどう変えるのか。社会、思想を中心に描いたSeason1に続き、Season2では、企業と個人を中心にして、ポストウェブ、ポストソーシャルの世界を有識者とともに考えていく。