新着Pick
2937Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高いモチベーション維持に必要なことは「なりたい成功像」と「そこから正確に逆算する能力」以外はないと思います。前者が明確ならば後者は勝手に出てくるものなので、やはり自分がどうありたいのか、どのような仕事をしたいのか、どのような仕事を向いているのかを如何に早い段階でセッティングできるかに全てがかかっていると私は思います。それ以上に重要なことは無いとすら思います。
私は、パラレルキャリアという働き方をしていることもあって、同世代の友人・知人からキャリア相談を受けることが、とても多い。
友人の相談というだけあって、かなりまじめに考えるのだけど、みんなの話を聞いて感じるのは「モチベーション格差」以上に、「アクション格差」だ。

社会人4年目の私たちは、新卒で入った会社の仕事にも慣れてきて、その会社での大まかなゴールイメージも見えてきて、「このままじゃ嫌だ!何かしたい!」と思うようになる。

ところが、いざ「じゃあ何をする?」となると、そこが明確じゃないから、結局現状から抜け出すことができない。

そうなると大抵「やりたいことって、どう見つけるの?」という話になるのだけど、私が思うに「やりたいこと」なんてそう簡単に見つからないから、「やりたくないこと以外のこと」を、とりあえずやってみるしかないのだ。
そうして色々やっているうちに「あ、これ好きかも!」ということと出会って、それを続けたらいい。

私たちの言う「やりたいこと」って、正直そんなものだと思う。

だから、「このままじゃ嫌だ、何かしたい!」というモチベーションを持った人が「そんなのどうせ見つからないから、とりあえずやってみる」というアクションまでセットで起こすことができたら、もっと「やりたいことをやれる人」は増えるはず。

最近、そんなことを考える機会が多いので、この連載を読むのが楽しみです。
体のエネルギー源は食事・睡眠・運動ですが心のエネルギー源は自己実現と対人調和です。つまりなりたい自分になること、そしてまわりを笑顔にすることですね。

それらによりたっぷりとエネルギーを補給できたら後は快楽に溺れてそれを消耗しないことです。要するに夢と愛に生きることで快楽から充実感に代替するのがエネルギッシュに生きる近道だと思います。
この連載シリーズは、ひとつの分野の知識を、効果的・効率的に深めるフォーマット。「モチベーション」という一般的テーマを、もちまわりで語ることによって、ひとつの体系的な方法論として構築していく。

おそらくNEWS PICKSが生み出したもので、よく考えると、情報発信法におけるイノベーションです。
モチベーションは上げなくても良い http://globis.jp/article/5471
モチベーションは、毎日の行動のエネルギー源です。モチベーションの湧かない仕事では、自己成長はありません。
やる気の裏側には動機づけがあると思います。
わたしの場合は、6年前、マガジンXが採算に乗らず休刊も視野に入った時、自分自身の身銭を切って会社ごと引き受ける選択をしました。MBOした時、正直に言って勝算はありませんでしたが、誰にも邪魔されず、読者に伝えたいことを伝えられる環境を得たことは、以後、制約の少ない取材執筆活動ができることで、私自身、とても強いモチベーションとなりました。まぁ、それでも明日は分からぬ身ですが。
なぜ今、モチベーション格差なのか。その理由を落合陽一さんがじっくり語った記事は必読です。

【落合陽一:完全解説1.3万字】ポストウェブの技術・社会・仕事
https://newspicks.com/news/2202356/
【モチベーション格差特集 予告編無料】知識やスキルが瞬く間に陳腐化する時代に勝敗を分けるものは何か。それはモチベーションだ。人生をほぼ決定づけるにもかかわらず、外的・内的要因に左右されている。特集ではモチベーションが自然に上がる働き方、学び方を紹介。本日から7日連続でお届けします!
また楽しみな連載が始まった。常々、人間の能力にそれほど大きな差はない。あるのは「やる気」があるのか、ないのかだけ、と言ってきた。それほど単純なものではないのは承知だが、この連載で追認してみたい。
この連載について
知識やスキルが瞬く間に陳腐化する時代に勝敗を分けるものは何か。それはモチベーションだ。人生をほぼ決定づける可能性があるにもかかわらず、外的・内的要因に左右されている。まさに「モチベーション格差」が存在するのだ。特集ではモチベーションが自然に上がる働き方、学び方を紹介。