新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

57Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
高額に過ぎるということは、損失リスクのある作戦への投入が難しいということになります。そもそもは、F22が高すぎるので、その廉価版として企画したわけですが、結局は機能の欲しい各軍、付加価値を売りたいメーカーの相乗効果で、ちっとも廉価版にならなかったというわけです。
記事長すぎ
アメリカの軍産複合体.怖い怖い.
肥大化はどこまで進むのか.日本で70年前に起きたようなガラガラポンが起きない限り,自らを律することはできない.
この連載について
北朝鮮をはじめ、日本を取り巻く「軍事情勢」が緊迫の一途をたどっている。だが、そもそも、北朝鮮の脅威が眼前に迫ってきたのはなぜなのか。そこには、軍事をめぐるテクノロジーの発展と、さらには我々が普段目にすることのない、新たな技術をめぐる戦いが横たわっている。今、技術が「戦争」の形を変えていく中、我々は何を知り、どう行動するべきなのか。新たな軍事の最前線をレポートする。

業績