新着Pick
326Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NP小野さんに取材していただきました。インタビューって、どんな準備をして、どんな会話の流れや雰囲気を作って、何を聞き出すかによって違うものになるから、インタビュイーよりインタビュアーの方が大事なんじゃないかと思いました。ありがとうございました。

途中から攻守交代で僕が小野さんにキャリアのことやロサンゼルスの遊び場などいろいろ聞き出したんですが、インタビュアーが悪かったんでしょう、そこの部分は全く記事になってませんね。

コメントを頂いた皆さま、ありがとうございます。NPのコメント欄ってパレットみたいです。自分に合う色、合わない色、強い色、優しい色、はっとする色、変わった色。いろんな色を見ることで、自分の色を再認識したり、古くなりかけていた自分の色を解体して再構成することもある。NPってよくできたシステムですね〜

毎回恒例?のおすすめピッカーのコーナー、楽しみにされていた方のご期待に添えずすいません。
プロピッカー制度は有効だと思うんだよねぇ。なんかそれを批判する人おおいけど
お、石松さんだ!!

出会ったのは2006年、僕のMIT留学中、石松さんが見学に来た時。友人を介して知っていた。石松さんが到着した時は僕は旅行中だったので、誰かに鍵を預けて置いて、留守中の僕の部屋に泊まってもらった。で、旅行から帰ってドアを開けると、石松さんが僕のギターを勝手に弾いてた(笑)それが出会いです。

僕の結婚式、諸事情で3日前に決めて急にやったんだけど(プロポーズから結婚まで10日だった)、パーティーでエリック・クラプトンのWonderful Tonightを歌いました。で、前日の晩に石松さんに「ソロ弾いてくれない?」と無茶振り。(Chroniclesに入ってるライブバージョンのやつ。)楽譜もなかったので、mp3だけ渡して耳コピして、という、無茶振りも無茶振りでした。それでも一晩できっちり完コピしてきてくれました!

彼はもちろん頭もめっちゃ良くて(将棋がめっぽう強い)尊敬してるけど、そういう「無茶振り耐性」の強さも、MITやJPLで活躍している理由の一つなんだと思います。

現在も家族ぐるみでお付き合いさせてもらってます。

ちなみにこの記事を書いたNPスタッフの小野晶子さんは僕の実姉です。










(嘘です。)
経歴もさることながら生き生きとお仕事をされていて。情熱的で。お話の内容も説得的で論理的で。「おすすめピッカー」の下りでは謙虚なお人柄が見えて。

あああ。なんか自分にないものをいっぱい持っていらっしゃる。すべてがきらきらと輝いていて。世俗にまみれ日銭稼ぎにまみれお客さまに薄頭を下げるわたしのようなくすんだおっさんにはただただ眩しい限りで。若いピッカーさんにぜひ読んでもらいたい記事でした。

しかし。日本は実に素晴らしい青年を産み出している。そう感じてわたしは誇らしい気持ちです。ご活躍を心から祈念いたします。
いままで生きてきて「宇宙系男子」(※宇宙のことがとても好きな男性のことを勝手にこう呼んでいます。そして私はこういった女性には会ったことがないので男子としています)に何人か会ったことがありますが、どの方も宇宙のことなら目を輝かせて何時間でも話せる感じで、文系の私はいつも「宇宙ってすごいなぁ」という小並感な感想しか持てないのですが(笑)楽しそうに話すのを聞いているのはとても好きです。

きっと石松さんもそんな方なのだろうなと勝手に想像して親しみ深く感じるとともに、想像もつかないほど狭き門をくぐって夢を叶えられていることに圧倒されます。定期的に盛り上がる宇宙記事には専門の方のコメントがたくさんつき、私のような全くの素人にとっては大変勉強になるので、まさにNPの真価が発揮されていると感じます。
石松さんや小野さんのお陰で、宇宙やNASAに関わる事象が身近なものになった気がしています。分かりやすい解説、いつもありがとうございます!
夢が溢れてる!

今から数百年後数千年後、人類がまだ存在しているかどうかは分かりませんが、未来の生物が人類を語るとき、恐らくインターネットでもAIでもなく「活動の幅を宇宙まで広げた生物」として人類は記憶されることになるのでしょう。

生きている間に宇宙への大航海時代を体験してみたいです。

石松さん。
私を‥私を宇宙に連れてって(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

以下私事で申し訳ありませんが。

医師として沢山の死や病に関わるにつれ、「境遇や現実は色々あるけれど、全人類一人一人が自分の人生を楽しんで生きてもらいたい」という願いはいつしか私の夢になっている気がします。

たぶん仏教思想の二番煎じかつ、石松さんのように全く人に誇れるような夢に向けた努力ができているわけではないのですが、夢への手段がひとつである必要はなくNewsPicksで発信するのも夢を現実に近づけるためのひとつの手段だったりするのかもしれません。

そういった意味で石松さんの仕事やNewsPicksに対する姿勢も大変共感できるものでした。
「考えをきちんと文章にまとめようとするのは大変で、つい腰が重くなりがちですが、NewsPicksのコメントならば手軽に書けますしね」というのは同感です。個人的に自社の運営サイトの記事作成をしているので、これとNPでのコメントを比較するととくに実感を持ってそう思います。

NPは他の人の考え方を知る等のためにコメントを読むことに徹するというのももちろん有用だとは思いますが、せっかく情報発信の場としてそれなりに機能しているわけですから、備忘録程度でも自らコメントを書くことをおすすめします。

それにしてもこの連載も初期の頃と違って自分にとっては初見の方が登場することが多くなってきています。こうして自分では注目していなかった方の発見の場となるのは良いものですね。

ただ、本稿のおすすめピッカーのくだりでおっしゃっている「誰が発言したかに注目しすぎないようにしています」というのはたしかに一理あると思いますので、あまり特定の人にフォーカスするのも考えものかもしれません・・・って、そうなるとこの連載自体を否定するようなコメントになってしまいますが、個人的にこの連載は楽しみにしていますのでぜひ続けてください。
LA オフ会やりますのでアメリカ在住の方はぜひ!
石松さんとはお会いしたことはないのですが、以前に共通の知り合いを介してメールをいただいたことがあります。確かその時はそれほどNPに対してアクティブな印象はなかったのですが、気がついたらこうしてフィーチャーされる存在に。NPではもはや恒例となった感のあるNASAのプレスリリース祭り?特需?がありますが、石松さん、小野さんとNASAの中の人二人いるのが、NPの強みですね。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。