新着Pick
740Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも垂直統合されたメディアをインターネットと別個に議論しても仕方ないと思うんだよな。。
池上さんへのインタビュー。論点の一つは、新聞やテレビの影響力が徐々に落ちる中で、ネットメディアは「民主主義のインフラ」としての力を持つことができるのか、です。ネットメディアの勢力拡大が著しいアメリカと比べると、日本はまだまだだと感じます。頑張ります。

追記:僕自身は新聞もテレビも、ネットにコンテンツを出している意味ではネットメディアだと思っているし、将来的にはネットが主になるのは間違いないと思っています。

ただ、世界に20億人の英語話者がいるアメリカと違って日本の場合、日本語コンテンツで勝負しているので、スケーラビリティが小さく、ネットで大きな収入を得るのが難しい。だから、どうしても従来の収入源に頼ってしまい、紙やテレビメディアのデジタル改革が遅れる。

その前提の上で、紙、テレビ、ネットのメディアが「民主主義のインフラ」としての機能をどう果たしていくのかに関心があり、自らもそこに資する活動をしたいと思っています。
ファストニュースと調査報道の意味合いの違い、さらにその背景にどのような倫理観、道徳観があるのか。というメディアリテラシー教育を老若男女問わずしていくというのが理想ではあると思います。しかしながら、実際には多くの人は「自分が見たいもの、聞きたいこと」しか見えず聞こえずであろうと思います。
その際に「ミスリードを防ぐべく権威ある機関が査定する」というのが池上さんのおっしゃる協議会なのだと思いますが、ちょっとそれではスピード感に欠けるという気がします。もう少し集合知を信じてもいいのではないでしょうか?
ここでよいしょするのもなんですが、そういう意味ではNPやTwitterは「たまたま誰かが即座に発信したことを、たまたま目にした誰かが評価する」ということの積み重ねで情報の精度を見極める重要な武器になっていると感じますし、私自身も重宝しています。
その結果として「早くて正確な情報発信をする人が肩書きや権威関係なく評価される」という状況が生まれることが期待されます。
もちろん時間が経ってからの池上さんなどの知見になるべく目を通すようにしています。
新聞は、消費税率軽減を得たことと同時に権力への対峙にすっかり腰が引けてしまい。
権力への監視としてのメディアの役割を忘れてしまったかのようです。
信頼度の格付けする機関が有っても良い。
格付け機関も複数必要であろう。

報道するものが、勝手な感想を述べる
のを見ているのが耐えられない。

やるべき事は、その背景の情報を丁寧に
説明する事。

報道の進化をするチャンスでもある。
メディアの過渡期ですね。
しかし、時代に迎合し、いかなる情報発信手段が出来ようと取捨選択するのは人間。
時代が変わっても、人間の本質は変わらない。
また、巡るだけ。

現にネット上では、テレビ・新聞などの旧体質メディア以上に流言蜚語飛び交い、盲目な群衆が根拠薄弱な内容でも、感情に基づく勢いだけで直ぐに炎上させている。
旧体質メディアと異なり、支配層が居ないなんて幻想。
群衆が『情報の内容以上に、発信した人間に価値を置く』という性で支配層を作り出している。
マスコミが分断されている、というが、ネットはもっと分断されている。
右の人は右の人としかつながらず、左の人は左の人としかつながらないので、「そうだそうだ!」という自己強化サイクルでどんどん思考が凝り固まっていく。
危険な事だ。
意図して反対サイドの意見も聞くようにしないと。

以下、引用です。
「集団的自衛権を認めるかどうかというときに、読売だけ読んでいると反対運動があることがわからない。昔は、いろんな新聞がいろんな主張をすることは良いと思っていたけれど、結果的に世論が分断され、中身のある議論を交わすことが難しくなった。悲しい現実になっています」
それは滅ばないですね。広告費のパイをネットに奪われていくっていうだけで、無くなりはしない。(一部の新聞とTVのローカル局は消えますが)
媒体が何かということより、情報自体の電子化が進んだということの方が影響として大きいと思います。情報の真偽はさておき、読み手が原本にあたることが以前より簡単になりましたから。
報道にお笑いが出たり、バラエティに知識人が出たりとミックスさせ過ぎて純粋な番組が無くなったのでごちゃ混ぜ料理は結局不味い。
報道番組でも事実だけをしっかりと伝えるような硬派番組もしっかりとあった上でごちゃ混ぜも必要。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「」と呼称・記される。 ウィキペディア