新着Pick
513Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
辞表提出後のぶら下がりの会見の冒頭発言(概略)です。

「先ほど代表代行の辞表を提出してまいりました。理由は憲法に対する考え方の違いです。去年の代表選から経緯をお話ししたほうがいいと思うんですが、私を含めた仲間で蓮舫代表を応援しました。そのときの前提の一つは、憲法については、民進党としてしっかり考え方をまとめるということだったんです。蓮舫さんもそのことについて合意していただいて、その上でのスタートでした」

「その後、私は衆院憲法審査会の委員にもなりましたし、さらには憲法調査会、党内の議論にも積極的に参加して、さまざまな提案をしてきたわけです。私の思いというものを形にしたのが、先日の中央公論の論文です」

「途中、私自身が代表代行の辞任を考え出したのは(今年3月の)党大会。代表の挨拶の中で、憲法についてのお考えを述べられまして、私の考え方とはやはり違うと思うようになりました。先日まとまった野党4党の考え方の中には『安倍政権のもとでの憲法改悪には反対』という文言も入っています。私は立憲主義的な民進党らしい憲法改正案を出すことは、提案型政党としては極めて重要なことだと考えてまいりましたが、今の民進党の執行体制については、やはり改正について消極的と理解せざるを得ないと思います」

「そういう状態で、私が執行部にとどまることはできない、またとどまるべきではないと考えまして、先ほど辞表を提出してまいりました。提案型政党としてしっかり民進党がやっていくためには、ここは極めて大事なところだと思ってまいりましたので、非常に残念です。また私の非力さも非常に強く感じております」
考えが違うって執行部のトップに近い人からそんな意見出るんですね。執行部すらまとまってないって。。。執行部からの離脱だけでいいのでしょうか?そもそも政党って基本的な政治思想と目標を持った人の集まりなのに。

(追記)
ご本人のコメントから察するに離党はされないのですね。代表と考えが異なるのにどうされるのでしょう。ハッキリしない方に税金で公費を投じるのもバカバカしいのですが。
長島さんをキッカケに民進党のまともな人たちに動きが出て来た。が、タイミングはあまり良くない。自民党政権は磐石だし、森友が国会に出るくらい他にツッコミどころがない。さあ、どうするのか。楽しみでもある。
行動しないと変わらないね。とはいえどの勢力と合流するのか。自民党のダメな人たちもいまは勢力弱いからなあ
細野さんを応援します。真っ当な御意見だと思います。⇒「民進党が『提案型政党』としてやっていくには、憲法改正の議論が極めて大事だが、今の執行部は憲法改正に消極的で、私が執行部の一員としてとどまるのはふさわしくないと判断した」。
長島氏に引き続き、細野氏も独自の動きを。民進党内の「保守系」と言われる人々の影響力がますます低下していきますね。

でも結局、細野氏は民進党から飛び出ることは無い方に一票。
権力とおカネが絡む最も人間臭が強い集団が政党でしょう。
ただ、大半の政治家は初志を持っているはず。そしてまともな政治家は初志を実現するための手段として政党を活用します。つまり政策の実現です。文句をつけることを生業とするのではなく、己の政治理念を具現化したい、と考えるのがきちんとした政治家です。
まして、実際に政権党としての経験を持つなら、こうした意識はさらに強い。かつての連立政権の時に、当時の社会党の議員が自民党以上に保守的、官庁寄りだったことに驚愕しました。
細野さんの決断は、政治初志を貫徹できない政党など、単なる公費の無駄遣いだ、という正しい認識に基づくものだと評価します。
民進党はなぜ民主党でないのか、なぜ蓮舫氏を代表にしたのか、いまだにわかりません。わからないまま瓦解していく。かつて社会党があったころ、誰も社会党に政権担当能力があるとは思わなかったが、自民党に党内野党があり、それで擬似的な政権交替をやっていたので一定の緊張感があった。いまはそれもない。
<追記>
「憲法に関する考え方の違い」が理由だそうです。なるほど。

<原文>
理由が知りたいですね。
鳴動が始まりましたかね。
何でも反対・批判ばかりでは、信用は得られません。細野さんには期待しているので、提案をどんどんしていってほしいと思います。