新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
平均10%前後の値下げは大きい印象。日用品での価格競争力は、来店頻度を上げる。価格弾力性の効果が現れそうだ。
顧客支持を得られる値上げこそが唯一無二の達成目標であると考えられるマーケティングの世界では、目先の客数増を狙った値下げは悪手の中の悪手というのが常識です。元USJの森岡さんの本などにもそう書いてあります。
プライベートブランドだけでなく、ナショナルブランドも値下げするのですね。やはり安く買いたいというニーズは高いのですね。デフレ脱却はなかなか難しいですね。
イオンさんは、いつも値上げラッシュの時にあえて値下げを打ち出している印象です。値上げによる消費者心理の萎縮を最小限に食い止め、かつ顧客をできるだけ自社に囲い込もうと意図しているのかもしれません。
イオンリテール株式会社(英語: AEON RETAIL Co., Ltd.)は、日本の大手流通グループ「イオングループ」に属する、本州と四国で総合スーパー(GMS)およびスーパーマーケット(SM)の「イオン」などを運営する企業である。 ウィキペディア
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,089 億円

業績