新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

625Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事を読んで考えたことは、賢いツールを得ると人間はバカになって行くんだな、ということ。

ネットは情報過多になる中毒性の高い存在で、情報に溢れると賢くなった気がします。だからこそ、情報を取得した時に洞察する時間というものをしっかり作る必要がある、もしくはこの方のように情報を遮断して、考える時間を作ることが大事。この特集はNPの自虐芸みたいな側面もありますが、肩を持つとNPで1日1つでもちゃんと考えてしっかりとコメントを書くという時間はその訓練になると思います。

また、リアルな情報を取りに行くことが大事。情報に触れすぎるデメリットは、誰かの意図によって編集された情報に溢れているので、本当の情報が取りにくいにも関わらず、複数の情報で確からしさを勝手に感じ本当の情報だと思い込むこと。調べて満足、となりがちなので、この情報は本当なの?面白いから確かめてみよう!と行動することは勝手に貴重になっていると思います。時に忘れがちですが、自分で取りに行った情報はストーリーにしやすいと思うので、話の引き出しが増えることになります。

一方で人がやらないことをやる、そこに差別化があるというのはどの時代でも不変であることはとても面白いことですね。
プロだ。何がすごいって、作品名が入ったシャツと、作品の立て看板が、できるかぎりすべての写真に入るようになっている。取材を受ける目的は、作品を世に知らしめること、それが徹底しているようだ。
スケジュール管理とか食事作るのとかゴミ出しとか全部外注する方が集中できるのに。。
超超超超超同意。
僕はテレビは契約しておらず、ゲーム機は小学校の頃に買ってもらった初代ファミコン以来持ったことがなく、携帯にもゲームは一つも入ってませんが、人生めちゃくちゃ充実しています。

どんなゲームよりミーちゃん(娘、1歳)と遊ぶ方が楽しい。
どんなテレビドラマより自分の人生の方がドラマチック。

ちなみに。僕が時間の有効活用のためにやってること二つ
1) 絶対に携帯を枕元におかない。
2) 運転中にオーディオブックを聴く
時間の管理を自分で徹底して集中力を生む、、、。
サッカー選手を見ていても思いますが、集中力をコントロールできる人って自分なりの秩序を持っていますよね。
私も今はフリーで仕事してるので共感できる部分多いですが、あのスマホのパズルゲームは良くない気がしてる。色のキツイ画面を見続けたあと、目が変になるんですよね〜
我が編集部では第一稿でいきなり完成品を目指す派と、第一稿はあくまで粗く、その後彫刻のように磨く派の2派に分かれますが、各派で集中力の出し方が違うように見えます。とにかく、自分のベストな集中のスタイルを見つけることが大事なのでしょうね。
この連載を読んでいて思うのですが、集中力の高め方は人それぞれだと思います。もちろん、いくつかの普遍的なことはあると思います。短い時間でも良いから、優先順位をトップにして、他のすべてを遮断するなど。ただ、そういう状況を意図的に作っても、人間は怠惰な生き物なので集中できないときがあります。なので、色々試して自分に適した方法を探すしかないのでは、と。そのためには、集中力を使う場面を増やすしかないと思います。例えば、研究者にとっては論文を書く時が一番集中力を要します。私の場合は、微妙な音楽と人の話し声が混じる少しうるさいバーで論文を書く時が一番集中できるときだったりします。一方で、静かな場所でノイズキャンセリング機能付のヘッドホンをしながら書く時も同様に集中できます。これらは極端な例ですが、他にもいくつかあります。要するに、自分の体調や置かれている状況によって使い分けています。
集中力という文脈だけでなく、何もインプットしない時間というのは大事にしようと思わないとできない環境になってきていると思います。

パスカルの言葉「人間の問題はすべて、部屋の中に1人で静かに座っていられないことに由来する」について書かれたこの記事が好きです。
https://newspicks.com/news/596092
論文をこんな状況で書きたい。。。
現実は会議やミーティングがちょこちょこ入ってしまって、なかなか纏まった集中時間が取れない。。。僕らの場合は、纏まった集中時間を確保する能力よりも、それは無いと諦めたうえで、細切れの時間を有効活用する能力が求められているのかなぁと、そんなことを考えてます。