新着Pick
752Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
家の中で完結するようなローカルなIoT製品では存在意義(価値)は薄いのかと思います。
#家庭用IoTにおいても。

家の外で家の中のことが分かったり、
家の中で家の外のことが分かったり、
することに価値があるのだと思います。

例えば、
家の外で、ペットの様子や冷蔵庫の状態がわかること。
家の中で、近くのバスが来るタイミングや今日の天気がわかったりすること。

そういった、人がやると面倒な作業を代替してくれる製品がIoT製品として価値があるのだと思います。

重要なのはインターネットを使うことだと思います。(次点にGPSを利用)
Wi-FiやBuleToothのみの近接通信だけでは、ほんと「リモコン」になってしまいますので。

家庭用IoT、2割残れば良いほうだと思います。

臆することなく繋げていってほしいです。
規格の統一は急務のような気もしますが、そこも大手が一気に持って行くのかもしれません。

★保存版★IoT★スマートホーム★
※一部記述を修正。
人気 Picker
すごく分かります。記事に概ね同意です。
特に今の電機メーカーのIoTは繋げることが目的になっており、出来ることはリモコン+状態確認のみ。(洗濯の状態を確認できて、何がうれしいの?、、、状態)
家庭、特にスマートホームになってくると、新築の家一つでまとまったソリューションでないと、ただ、煩雑にスマホの中が各メーカーのアプリで埋め尽くされる。
(一応、AppleのHomekitはありますが)

各社統一規格で、家庭内にセンターオペレーションできる仕組みを導入しないと、スマートホームの実現は難しいと思います。
つい先ほど、産業分野でのIoTの活用例を見ました(たぶんIoT・・・)。
わが社の自動販売機コーナーに缶ジュースを補充している方が、なにやら携帯端末で自販機に向かってピピッと。
何をされているのかを聞くと、この端末で、このビルのどの自販機にどれだけのジュースを補充しなければいけないかがわかるそうです。ビルの駐車場にトラックで乗り付けて、何を何本持って上がらなければならないかが事前にわかるだけで、大変な時短と仕事の負荷の低下が期待できるそうです。もちろん自社のオフィスでも確認できるそうですから、その日のトラックのルート等、効率化が図れるのでしょう。

これをIoTというかどうかよくわかりませんが、その方の会社は管理する自販機すべてに通信装置をつけるために、10億円単位の投資をしたとおっしゃっていました。
最終的に残る物はいつもシンプルで美しい
物です。

今答えがわからないから、戦いに参戦しない
というのは、余りにも情け無い話しです。

こんなこと書く
メディアの人は気楽なもんです。
スマホで炊飯器が操作出来る!という機能が3年ほど前に出てたけど、結局全く普及しなかった。なぜなら、それによって消費者に直接的便益をもたらさなかったからだ。
今でも新機能でスマホで操作、とか繋がる家電とかそういう話はよく聞くが普及する気配はない。

IoTなどとかっこよく言っても、結局、冷房は部屋を冷やすためにあるし、暖房はあったかくするためでしょう。Google Nestの成功はサーモスタットという本来の役割、機能をきちんと果たしているから、だけど、その後に続く存在が今のところ、あまり見当たらないのも事実。AmazonのAlexaには期待してる。家電の複雑なUIをシンプルにしてくれる可能性を感じるので。
必要性がない
利益享受者とコスト負担者が別で、構造的に非対称性があるモデルの方が普及させやすいジレンマがあるから
ユーザーにどういうメリットがあるのか、いまいちよくわからない。
かえって複雑になって敬遠されそう。
パナソニックはかなり以前からスマートハウスを提唱していますが、一向に広がりません。
その要因を分析すれば、自ずとわかるのではないでしょうか。
この記事にある通り、「一つのコマンドで車と家のすべてがコントロールできるのは確かに便利かもしれない。とはいえ、スマホで個別に対応すればほぼ同じことができる場合、人々がそれにどれだけの対価を支払いたいと考えるのか」

確かに家庭用IoTの難しさはある。

メーカーが単体でIoTアイテムを作ってもなかなか普及には時間もお金もかかる。

消費者からは費用対効果が見えにくい。
ウェアラブルなIoTグッズも今のところ消費者に大きなメリットを提供していない。

しかし、私はIoTに期待している。特にそこから得られるデータに期待している。

行動データが取れるからだ。
今の価格もこれからどんどん下がるだろう。

ただし単体IoTだけのデータではつまらない。様々なIoTアイテムデータが横断して繋がるデータと買物データを結びつけることができるようになれば、ライフスタイルデータが取れる。

メーカーは単体でのIoTの世界観に閉じ込もらないで、どんどんメーカー同士、サービス業、小売業と連携して次世代のDigital CRM環境作りに挑戦して欲しい。
2割成功出来るなら、それはそれで良いような気もする。
家庭用IoT製品はとてもプロダクトアウト感がありますよね、マーケットインでなく。

まあでもそこから必要なものや意外な活用法が見つかることに期待したいです。
「スマホで対応できるものはスマホを使う」というのはよくわかる。無理に全てを繋ごうとするのであれば、スマホで行うだろう。アマゾン・エコーやグーグル・ホームにアプリがたくさん登録することができるようになり、音声で操作できるようになる未来くらいしか予想できない。