新着Pick
2219Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonが日本でコンビニ始めた時におでんをどうやって売るのか。それが最近の私のお話の鉄板ネタです。Amazon規格の大きめの箱に一つ一つおでんのネタが入っていると予想笑
AmazonGOはコスト高で果たして日本に向くのか疑問に思っている。しかしその資金力とスピードで日本市場に乗り込んでくるかもしれない。そうなる前に日本のスーパー、コンビニは独自の技術で対抗すべきなのではないか。電子タグなど普及に時間をかけている場合ではない。日本はどの技術も普及に慎重すぎる。電子マネーでも国内で普及するのに10年以上かかっている。そうこうしているうちにFelicaよりNFCが世界で普及してしまった。轍を踏まないようにすべきだろう。
24時間営業で人出不足が深刻化しつつある日本のコンビニ業界にとって、アマゾンの無人店舗は脅威になるかもしれません。

特に、日本は治安がいいので大きな可能性を秘めています。
海外の人の目から見ると、自販機が街中に置かれているのに驚くそうです。
「我が国だったら、あっという間に自販機ごと盗まれる」
ということで。
AmazonGOは確かに衝撃的です。そしてお会計いらず、というのは本当に便利です。
が、こと人件費に目を向けてみると、お会計に加えて「商品の補充」「店内の掃除」「宅急便送付などのオペレーション」とお会計以外のタスクに溢れています。
もちろん買い物だけに特化した店舗も生まれるとは思いますが、今の日本のコンビニのサービスの多様さを加味すると、なかなか難しい面もあります。堀江さんがいつもおっしゃっていますが、おでんやスナック類の扱いも難しいですしね。
イノベーションは歓迎ですが、今のコンビニの多様なオペレーションを消費者が捨てられるか、と言われると非常に難しい側面も多いと思います。
AmazonGOの仕組み自体を拡販するかと思いますが、月々のコストと人件費の比較や、レジ回転不要によるピークの売上アップと逆に万引き率の変化など、比較検討できる次の情報に今後期待しています。
また改めてですが、小売の発想だとレジ自体を無くすって出てこないので本当に驚きです。
「コンビニの未来」
AmazonGOの衝撃を語らざるして、語れませんよね。
次号(有料)には、結構細かく、現地での解析の話が書かれていて、勉強になりました。
現地に行っても、技術者ではないので、そこまでわかりませんでした(>_<)
もちろん、角井ならではの視点と情報があるので、合わさるともっといい洞察が出て来そうですね〜
コンビニだけの問題では無い。

今後の接客が最後まで残る仕事と言われて
いたがそれももはや怪しい。

これを実行する為には、既存の業界の枠
を大幅に超えた、プラットホームが
必要である。

今やれば、アマゾンに勝つチャンスはある。
労働人口が急速に減る日本の地方は、世界でもっとも「Amazon Go」のニーズが高い場所となるかもしれません。
世界に類を見ないコンビニ業界。世界に参考になる課題や事例はありません。
amazonがコンビニを食ってしまうのか。それともうまく協調できるのか。撃退するのか。流通にはamazonというとてつもない競合がいるので停滞は即死につながりかねません。
これがそのまま広がるかは分からないけれど、流れとしてはこの方向に行くことは間違いない
この連載について
アマゾンが実験店舗として運営している無人コンビニエンスストア「Amazon Go」が、小売業界に大きな波紋を広げている。行列待ちも、レジ係のスタッフも、お会計もない。こんな未来図を打ち出したアマゾンに対して、日本のコンビニ大手はどのようなビジョンを描くのか。いまや社会インフラに成長したコンビニの「未来」を占うオリジナル特集。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
61.1 兆円

業績

株式会社ファミリーマート (英語: FamilyMart Co., Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。略称はファミマ。 ウィキペディア
時価総額
8,680 億円

業績

株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
4,747 億円

業績