• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

自走ロボットによる配達法が米バージニア州で成立、7月1日施行へ。フロリダ他でも制定の動き

301
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • 通信業 Interaction Design Reseacher

    日本はビル内とかから始めないのかしら。


注目のコメント

  • badge
    東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授

    ドローンを研究している者からすると,ドローンより現実的に見える.何より安全そうです.飛行体だと搭載物の重量や大きさに限界があって,地上車で使われるような装置を使えない.自動運転車もこのくらいのサイズから始めると良いかもしれない.
    運搬物か,あるいはロボットそのものが盗まれないようにしないと.

    【追記】 フォードやUPSが発表している,トラック(自動運転車)にドローンを載せて最終配送するサービス.
    https://newspicks.com/news/2097178?ref=user_2112738
    ドローンの代わりに,このような小型ロボットにすれば,より効率的に,また距離も伸ばすことができるのではないか.


  • badge
    Scrum Ventures Founding Partner

    これは大きい。やはりまずはドローンよりもロボット。これはハードル低いので、日本もすぐにでもやったらいいと思う。


  • badge
    株式会社TPL 代表取締役

    デリバリー業ではこのロボットの導入をかなり期待しています。郊外だとシニア層も多く、昼夜問わずにデリバリーニーズが高いのですが、やはりネックは物流です。
    1人あたり採用コストも常時6万円を超えてきてますし、売上に占める配送コストも10%弱くらい。(配送人件費含)
    この辺りが自走ロボットに変われば、更に良い商品を安価で作ることが可能になります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか