新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
山川さんも、ビィ・フォアードも面白いのに、だからこそ「トヨタ以上の知名度を持つ」とか事実でないことを何度も言わないで欲しいなあと思う。インタビューの前の前文だけで読む気がなくなってしまった。ほんとうのことだけ語っても十分面白いと思うんだけど、グーグルとかトヨタを出さないと取り上げてもらえないほど世間は冷たいんだろうか。。。
アフリカではどの国でも車に興味がない人でもだれでも「トヨタ」の名前は知っているが(これが「ブランド」)、ビィ・フォワードはタンザニアやあと2,3の国で、自動車に関心がある人が知っているという具合だと思う。山川さんが最近出された本は、たとえ似たようなはったりがあっても面白かったが、自分の本で語るのと事実のように記事で述べるのでは違うなあ。記者はただ、真偽はどうでもよく面白いので取り上げ、お互いの利害が一致しただけなんだろうけど。。

ちなみに、ほんとうに「アフリカのアマゾン」と言われているのはJumiaというロケットインターネットが投資するeコマース。消費地内の物流・配送の投資は進んできました。今週のアフリカビジネスでも取り上げています。
https://newspicks.com/news/2079079?ref=user_486073

アフリカにおける中古車販売は、日本企業も多くが参入していて、それぞれの国で知名度が高い企業がある。一度、実際のところどの日本企業が活躍しているのか、業績を調べてみようかなと思う。山川さんもいつかおっしゃっていたが、なぜか市場規模も大きいケニアだけはビィフォワード含め新興勢力が全然参入できない。すでに日本企業と現地企業の分業されたサプライチェーンがしっかり構築されているからかもしれない。
物流網の構築がうまくいくかどうかでしょうね。
知名度よりも、その国の人たちの為に何ができているかの視点が重要ですね。自分が知る限りトヨタやホンダなどブランドの根底にはその姿勢が見られるのではないかと思います。逆に日本のITビジネスにはその視点が決定的に欠けているので、なかなか広がらないのではないかと思っています。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績