新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

242Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
スルーしようと思ったけど、Kenichi Yoshimatsuに呼ばれてきました。そもそも僕は、タイトルが気に入らないです。「日本人にMBAは必要か?」って、学歴って国籍によって違うものなのでしょうか??

グロービスを日本に作る時に散々言われました。「日本人にはケースディスカッションは無理だ」って。ベンチャーキャピタルを作る時にも言われました。「日本では、ハンズオン型のベンチャー投資は成り立たない」と。

そして、今回のNPのテーマが、「日本人にMBAは必要か」ですか。議論の中身以前の問題ですよね。「日本人にはMBAが不要だ」と言いたいのでしょうか?もういい加減にしてよ、って感じですね。。
基本的には、全入でほぼ全員卒業できるビジネススクールなんか、刺激にも乏しいし、自己鍛錬にも中途半端で、結局学校が儲かるだけな気がする。勉強は大学時代にしっかりやれば十分。それが本来のあり方だと思います。もっとも、学びたい直したいとか、何か特定の分野を極めたいなら、自分でしっかりモチベーションを高めた上で、もちろん通えば良い。

海外トップ10の厳しいビジネススクールに行くのであれば、勉強とは別の意味で学びもあるでしょう。
この議論は面白そう!国内の社会人MBAは経験者の一人として絶対にオススメだ。ただし、次のステップを考えた上で入学しないとあまり意味はないかな。つまり、ただ勉強したいからとかだと高級カルチャースクールで終わるし、学位が欲しいからといって取得してもそれ自体が評価されることは決してないから。それにしても、海外に行きたくても環境がそれを許さなかった家族持ちの伝統的大企業に属するそこそこギャラの高いサラリーマン学生が、一歩踏み出すのは本当に至難の技で勇気がいることだと思う。遠藤さんの本のタイトルは、議論の叩き台として最高だね!笑
うーん、この御二方を集めて話すテーマとしてはあまりにも勿体無い感…
「日本人にMBAが必要か」どうかは知りませんが、外資系企業の管理職になりたいのであれば、海外トップスクールのMBAは義務教育扱いじゃないでしょうか。

20代の頃にアメリカのビジネススクールに受かって進学するかどうか迷ったこともありますが、あまりにも在校生や志望者が就職予備校然としていたのが嫌で、結局進学しませんでした。
一方で日本のビジネススクールはまた事情が異なるのでしょうし、海外で2年間、学生として過ごせる機会は良いな〜と感じます。
一橋大学国際企業戦略研究科、おすすめです。本当に力が付きます。手前味噌ですみません。
http://www.fs.ics.hit-u.ac.jp/
MBAがオールマイティであるとの前提で、必要か否かを説いているようで、根本的な前提が違うように思います。ビジネスパーソンであれば、如何なる職種でも努力が必要で、その一つの選択肢としてMBAがあり、他の選択肢も当然に存在する。行った努力は必ず100%見返りがあるわけでもない。大切なのは、努力をすることであリ、努力の証であるMBAはその過程の努力に大きな価値がある。
海外MBAホルダーは、海外暮らしでのマイノリティ体験と多様性の中で揉まれた経験が程よくミックスされて、魅力的な人が多い。そういう仲間の姿を見ると、羨まくも感じます。筋トレの例の様に、高負荷をかけて鍛えることで、逞しくなるのだと思います。必要かどうかの議論は、人による、でしょうね。
堀さんのコメントに激しく同意!

日本だと「日本人に…」的な議論にすぐなるのですが、日本人だろうと日本人でなかろうと、優秀な人も優秀でない人もいる。誠実な人も不誠実な人もいる。

視野を広げていきましょう。日本に多くの優秀な人がいるのは間違いないと思いますが、この視野の狭さ(=モノの見方・考え方・信じ方)が、日本のポテンシャルを狭めていると思います!

Go global!
Go Japan!
今週のイノベーターズ・トークは、ローランドベルガー日本法人会長の遠藤功氏と、ローソン会長の玉塚元一氏が登場します。
早稲田大学ビジネススクールの教授を長年務めた遠藤さんは『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』というドキッとするタイトルの本を出しましたが、その赤裸々な描写もなかなか目を引くものがありました。
一方の玉塚さんは、海外MBA取得を契機に、自身のキャリアを切り開いた経験の持ち主です。教授と受講者、それぞれの立場から「MBA論」が語られます。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
7,944 億円

業績