新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

272Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
スモールベーシックインカムに賛成。そしてアイドルのような対人サービスが隆盛となる未来になると思う。半分遊びながら仕事する。だからヒューマノイドロボットは流行らないと思う。だって人が余ってる訳だからさ。
社会全体を大きく変えようとするとき、必ず二つの考え方が生まれます。
現状の考慮した上で、少しづつ社会の流れを変えていこうとする漸進的社会改革派と、一気に改革を成し遂げようとする急進派、若しくは革命派です。

歴史的に見れば、ピューリタン革命におけるイギリス長老派、フランス革命のジロンド党、ロシア革命における立憲民主党(カデット)、マルクス主義に対するラサール派など多くの場合漸進派は急進派に敗北し歴史から姿を消しています。

結局のところ漸進主義は社会のコンセンサスを重視するあまり、社会の根本を変えることができないからです。
本当に社会改革が必要なときは、反対派を無視してでも強力なリーダーシップで一気呵成に実行するしかないのです。

パラダイムシフトとかイノベーションというのは本来そういうものだと思います。

私は基本的にBIについては非常に懐疑的な見方をしていますが、もし社会が本当にBIを必要としているのなら、それはフランス革命や明治維新並みの、歴史を一気に塗り替える社会革命以外の何物でもないのですから、私のような懐疑派は無視してでも一気に導入すべきです。

逆に言えば、それだけの社会革命をするのだという決意がないのであれば、無用な混乱を引き起こす様な制度の導入は、慎重になるべきだと思うのです。
物事を大きく変えるときには「グランド・ファザリング」といって、徐々に移行を進めるやり方が普通です。BIは、未来の社会を前提とした仕組みですので、今の税と社会保障の大枠を維持しながらでも少しずつそれに近いものを構築することが妥当なのだろうと思います。もっとも僕は従来から、未来においてもBI一辺倒の社会には懐疑的ですが。
私は日本でBIが実現するとは全く思っていません。スミマセン。

ただ、「BI+障害その他の不運に対する社会的保険+自助努力のための制度(DC)」のような形で再分配の仕組みが再編成されることがいいと思っています。キーワードは「BI的」です。少しずつBI的な仕組みが導入されたらいいのではないでしょうか。今回のインタビューの際に思いついた「国民年金の全額税財源化」はBI的であり、同時にマクロ経済政策としても優れていると思います(当面は、財源の国債を日銀が買ってかまわない)。
なるほど
確かにすでに構造的に破綻してる年金をこっちに持っていくというのはいいかもしれない

>目下、日本の社会保障支出総額(2014年度)は、医療費を除くと、80兆円に迫りつつあります。生活保護、雇用保険、年金をBIに置き換えると考えるなら、財源的には、夢物語ではありません。
現実的で合理的な文章は心地よいですね。まずは出来ることから少しずつ、もっともだと思います。個人的には官僚や公務員も国民も双方が納得できる仕組みにしていくのが良いと思います。リストラがないから公務員になって家庭もあるのに急にリストラでは気の毒です。弱者への搾取や虐待やネグレクトの問題や移民の対応など課題は多いので、新しい課題で働いていただければと思います。
一部にせよ、全部にせよ、導入するためには一度破綻していることを認めないといけないですね。そうしないと子ども手当のように実現に向けて抵抗されて骨抜きになりそうです。
年金は確かに1番やりやすそうですが、ほとんどの人が破綻していると感じているにもかかわらず、誰も認めません。まあ、選挙で票取れないからですが、だからこそ安倍首相のように政権基盤が安定しているうちじゃないと実現できないと思いますけど、やる気配は見えません。憲法改正よりこちらの方が優先度高いと思うんですけどね。
なるほど〜。
確かに、移民と現金給付の心理的影響は2つの大きな関門ですね。

マイナスの所得税は富の再配分という点ではベーシックインカムより理論的に優れていますが、本稿にあるように複雑すぎて使えません。

蛇足ながら、「子ども手当」は復活していると記憶していますが…扶養控除廃止の代わりとして。
現物給付か現金給付か、スモールBIかラージBIか。議論が深みを増してきました。医療費を除く社会保障80兆円をBIに置き換える、一人月5万円、4人家族で20万円、実現可能。・・まず何を切って置き換えるかというこういう数字の議論をすることに賛成。合理的で実行可能であること、そして日本の場合、増税にならないことが条件になるでしょう。
思想でなく技術で考える。なるほど。
少子化対策で子ども手当拡充で実質的な一部BI導入など、色んな始め方がありますね。
この連載について
すべての国民に対して生活に最低限必要な収入を給付するベーシックインカム(BI)。2017年は、フィンランドで国民の一部に、約7万円を配るパイロット試験が開始されるほか、米国でも、ベンチャーキャピタルの「Yコンビネーター」が試験を計画するなど、BIがいよいよ進み出す大きな年となる。社会保障だけでなく、国民の「働き方」を大きく変え得るBI。なぜ、今世界でBIが必要とされているのか、日本で導入される可能性はあるのか、ムーブメントの最先端をレポートする。