新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
王道が早いスピードで進行している、意思決定と技術開発のバランスが良い。
人気 Picker
レベル3の公道実験のようですね。まだカメラセンサーが巨大ですが、レベル4ではステレオカメラで小型で250メートルまでに広がるでしょうね。雨天にはミリ波レーダーが必要になると思います。ホンダとの共同開発ではフィアット・クライスラーとの技術は公開しないのでしょうか。日産は違う方式を考えていますし、何がデファクトスタンダードになるんでしょ。早い者勝ちか?
CESのラスベガスでなくて、モーターショーのデトロイトでするところが、いいですね!
デトロイトのモーターショーは、CESに比べて、ショボいと言われているので、Googleが華を添えましたね。
CESはAmazonがAlexaを、モーターショーはGoogleが自動運転車を出すという対比が、今後の両者のガチンコ勝負がどう展開するかを見据えてる感じがしますね(^^)

で、デトロイト押しのトランプ次期大統領は、雇用が増えると喜んでいる、きっと!
かなり天井のメカも小さくなりましたがまだまだですね。LIDARの改良が待たれます
福祉車両車も自動運転に出来れば、高齢者のデイ等は付き添い1名ですむように。施設からの往診も迅速にできる。市区町村で数台確保出来れば、在宅に住む高齢者を地域貢献事業やミニデイ、ケアローソン等での集い場等へ送迎も可能になり、介護保険外の無料や自費のサービスを最大限に活用出来るように。自動運転どんどん進んで欲しい。
昨年、提携を正式発表した、フィアットとの共同開発した自動運転車の公道実験を開始するとのこと。
どんどん未来に進んでいますね。
https://newspicks.com/news/1535027
米国のどの州でやるのでしょう?

州によって自動運転自動車の公道実験についての規制が異なでしょうから。
「是非わが州で」という誘致競争が起こるかもしれませんね。
こちら、きのうの夕方、この発表会見に参加しました。特に大きなトピックありませんでしたが、ジョンが最も強調したのは、ライダー(レーザーレーダー)の価格を従来品の9割減にできた、という点でしょうか。米ベロダインの中型機器がこちらでは7500ドル程度なので、それが750ドル(10万円切った)ということです。ハードウエアとしても、ガンガンに売り出すのかもしれません。@ Detroit,MI,USA
プロピッカーの桃田さんの記事によると、公道実験はアリゾナ州とカリフォルニア州にて実施。ライダーの価格は、ベロダインよりも9割も安い。
『グーグルが完全自動運転へ再スタート、新テスト車のミニバンを世界初公開』
https://newspicks.com/news/1991875
私自身レベル3(運転手が座ってオートパイロット)とレベル4(運転手なしの完全自動運転)では天と地ぐらい違うと思うのです。
私の理解ではグーグルが目指すのはレベル4、一方イーロンマスクのテスラはレベル3。この理解で正しいでしょうか?

だって、レベル3の場合は緊急事態の場合に運転手が操作責任あるわけでしょ。居眠りもスマホゲームもできない。運転もしないでじっと座ってるのなんてむしろ苦痛以外でもなんでもないのではないかと。
多分、生産に向けて詰めて行くんでしょうね
がんばれー
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア