新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今の年金制度には大きな課題がある。2020年以降、健康寿命がさらに延びていく。人工知能やロボット等の技術革新に支えられ、高齢者はより長く元気に活躍できるようになる。

今後は、「40年働き、40年休む」という人生ではなく、より長く働くことを選択する方が増えていく。現在進められている働き方改革でも、より多様で柔軟な働き方が重視されている。

今の年金制度は、こうした働き方の変化に対応していない。例えば、定年を越えて働く高齢者は少ないと想定してきたため、現在の制度では、一定年齢を超えると保険料が納付出来なくなったり、働きながら年金を受給すると年金が減額されたりする仕組みになっている。

これでは、働き方改革が進展しても、年金制度が障害となって、働く意思や能力のある高齢者の就労を阻害してしまう恐れがある。

年金制度は、「長く働くほど得をする仕組み」へと改革すべきだ。例えば、年金受給開始年齢はより柔軟に選択できるようにする。年金保険料はいつまでも納付できるようにする。働くと年金が減額される仕組みは廃止する。

これらにより、1人1人のライフスタイルに合った年金制度を実現する。働き方改革と合わせて、こうした年金改革を実施することで、高齢者がより長く働くことが当たり前になる。

こうしたライフスタイルの変化を見据え、諸外国でも長時間かけて実現している支給開始年齢の引き上げ(受給開始の標準年齢の引き上げ)についての議論をただちに開始すべきである。

■提言 人生100年時代の社会保障へ 抜粋
https://fumiaki-kobayashi.jp/2016/10/27/18-12-05/
興味深い提案。元気な65歳は「准」を付けたとしても、「高齢者」と呼ぶのは憚られるぐらい。定義を変えた方が、働く意欲も持ってもらえるのではないか。
そもそも、「高齢者」という枠組みがおかしいと思いませんか?

74歳と75歳でそんなに違うのでしょうか?
一律に「高齢者」という枠組みをつくるのは、医療費補助等さまざまな補助をするか否かという点にあるのでしょう。

貧しい74歳もいれば超裕福な75歳も存在する中で、このような区分けはナンセンスです。

高齢者も現役世代も若年層も全て平等に扱い、個々の事情に応じて補助等をすればいいと思います。
せっかく高齢者の概念を変えようというのだから「准高齢者」というのはおかしい。「中年」ということばが死語になりつつある中、年代を定義する言葉は不要な時代になりつつある。そもそも日本は年齢を意識しすぎ。新聞やテレビも名前の後に必ずカッコ付けで年齢を記載するが、年の取り方は個人差が激しく年齢差別になっている感じがする。そろそろ年齢という概念を根本見直しするタイミングだろう。
厚生労働省によれば、2013年の日本の健康寿命は男性が71.2歳、女性が74.2歳となっている。平均寿命は伸びてきているとはいえ、現時点では75歳は男女とも健康寿命を過ぎている人が多いということだ。
もし、これが年金支給開始年齢を75歳に引き上げる布石であるならば、就労不能になってもしばらくは収入が途絶えるということを意味する。こんなのは年金とは言わない。
年金制度改革 抜本的な問題解決から逃げるな! 100の行動36 厚生労働2 | 100の行動
1.支給開始年齢を70歳に引き上げよ!
http://100koudou.com/?p=1094
ネーミングだけではなく、実態が伴わないと意味ないよね。
60歳でも仕事やめた途端、一気に老けこむ人もいるわけで。
働く場の整備が必要でしょう。
日本に国民年金などの制度が導入された1960年当時、65歳の人の平均余命は12年ほどでした。今や、75歳の人の平均余命が当時の65歳と同じ12年程度です。
1950年ごろが舞台のサザエさん家の波平さんは54歳、フネさんは52歳。今の周囲と比べると、年齢感覚の違いは明らかです。見直しの方向性は妥当だろうと感じます。
15歳以上65歳未満が生産年齢人口、それ以外が従属人口という分け方がありますが、集団就職列車華やかなりし「三丁目の夕日」の時代と違い、15歳で本格的に働き始める人も稀。年金にしても健康保険にしても、当時の枠組みでやっていけるはずがありません。それらの土台にあるのが新卒一括採用されて定年で辞めていく日本型雇用慣行。「三丁目の夕日」の1960年代に定着したこの制度を含め、働き方と社会保障の枠組みを大きく見直す必要がありそうです。
おそらくこれまで終身雇用制度の定年となった後の人生を高齢者と言ってきたのではないかと思います。(そもそも医学的に60歳や65歳で線を引くのはナンセンスなので)。ただ、働き方も多様化し、年齢に対する心身のactiveさにもばらつきがある現在において、公的サービスにおいて年齢で線を引くのは違和感があります。(もちろんタバコや飲酒など年齢制限は別です。)企業の定年などは、各企業の文化として決めたらよいし、介護や医療に関してはより個々の状態に合わせられる制度設計が望まれます。
そのためには、今のように「全体をカバーできるように公的資金を医療介護につぎ込む」という方針から、「公的資金は必要最低限にしぼりその先は民間の保険などを活用する」という方針への転換が必要になると思います。
なるほど。確かに今の時代の65歳はまだまだお若いですよね。75手前まででも元気な方が多いと感じます。
「10年前に比べ、5~10歳は若返っている」
いいですね。心身共に健康に過ごせる時間が長ければ幸せですね。