新着Pick
2014Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
みなさま、あけましておめでとうございます。

新年早々、「また『テン・ゼロ』かよ」とお叱りを受けそうですが、、、、「日本3.0」というコンセプトにはかなり確信があります。いよいよ新たな時代が始まろうとしています。

とくに2017年から2020年代にかけては、日本の歴史でも、相当にスリリングな時代となるはずです。

古いルールに従えば従うほど泥沼にはまり込む。逆に、とにかく動きチャレンジする人が輝く。そんな世の中になるはずです。
日本の成功の鍵は、ポジティブ思考に尽きると思う。日本のどこがおかしい、ここが問題だと指摘する事が多過ぎる。
マウンテンバイクのチャンピオンと素人の違いは、チャンピオンは障害物には意識を持たず、空いているスペースだけを見て走って行く。素人は、行く手を阻む岩や大木ばかり見て結局そこにぶつかってしまう。
日本の問題点や課題も多いが、空いているスペースやチャンスだけを見て進む事が進化への大切な思考パターンだろう。
「日本1.0」と「日本2.0」の場合、明治維新と敗戦という「創造的破壊」がそのきっかけでした。旧来の既得権益を打破することは、そのくらいのインパクトがなければとても難しいことなのではないでしょうか。したがって「日本3.0」が始まるためには、なんらか、それらに匹敵する創造的破壊が必要である気がします。

東京都の人口が近く減少し始め、いよいよ高齢化社会を迎えるという認識、そしてポスト五輪のビジョンが必要であることは、小池知事を支える都政改革チームでは明確に認識しています。同時に、日本2.0を引っ張ってきた自民党政治、あるいは自民党的政治、つまり既得権益との凭れ合いによる、経済成長志向の政治がそろそろ限界にきていることも感じています。そしてまた、「創造的破壊」であるべき「破壊」が、首都直下地震のような破滅的なものであってはならないし、それが破滅的にならないように備えなければならないとも思っています。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年も東京から日本を変えるつもりで一生懸命努力致しますので、どうかよろしくお願い申し上げます。
日本3.0』…非常に興味深い一冊ですね!

私も、日本に限らず世界中で大きな変化が来ると確信しています。
そのカギを握るのが、AIとブロックチェーン。
この2つが普及すれば、私たちの生活は一変すると思います。
もちろん、いい方向に\(^o^)/
皆様、明けましておめでとうございます。この激動の時代に生き、仲間と共に挑戦が出来ている幸せを噛み締めながら2017年も頑張ります。本年もどうぞよろしくお願いします。
昨年末に40歳を迎えた自分にもチャンスはあると信じて、2017年は新たなチャレンジに挑もうと考えています。今年もNPの皆さんから刺激と学びを頂きながら、頑張ってまいります。
戦後型のGDP拡大にフォーカスした「日本2.0」が終わり、チャレンジすることが“割のいい”「日本3.0」にシフトしていく2017年になるという展望には賛成です。

そのシフト/変化を牽引する構造要因が人口減少、特に東京の人口減少にあるという論点も納得です。

「日本1.0」が始まって以来、人口減少と急速な高齢化は、日本にとって初めてのことで、この人口構造の転換が日本の社会構造、経済構造に根底から大きな変化をもたらすのは必然です。

そのシフトのトリガーになり得る可能性があるのが、膨大な国債の発行残高に起因する財政破綻ではないかと、危惧しています。

未曽有の水準の国債残高が存在している状況で金利が上昇すると、一気に財政破綻という事態も絵空事ではなくなります。

急速に増加していく高齢者が、医療・介護から見捨てられたり、困窮化することによって招く悲惨な社会破綻の可能性も考えられるでしょう。

膨大な国債残高による財政破綻にしても、高齢者や貧困層の増加による社会破綻にしても、日本3.0へのシフトのトリガーになるのが、こうした(第二次世界大戦の敗戦に匹敵する)ディザスタラスな出来事にならないことを祈るばかりです。

そのためには、従来の日本2.0流を意思的、理性的に変える必要があります。
行き過ぎたネオリベ型の経済政策に対する批判と見直しは、世界のあちこちでBIが検討されるなど、始まっています。
この流れが示すように、日本を含め戦後の先進資本主義国の構造的な破綻を回避するのは、「再分配」にあると考えています。

日本2.0が悲惨ではない日本3.0にシフトするための方法論は、「成長論から分配論」へのシフトを理性的に行なえるかどうかにかかっていると思います。
「ガラガラポン」と聞くと、どうしても幼い頃に読み聞かされた『三びきのやぎのがらがらどん』を想起してしまいます。
ヤギの兄弟が牧草地に出かける話ですが、それを狙うトロールは、三男と次男のヤギが「後からもっと食べ応えのある大きなヤギが来る」と教えられて見逃しているうちに、大きなヤギに倒されてしまうという話です。
「ガラガラポン」にしても、突然世の中が一変するというよりは、じわじわと小さな変化が予兆として起こっているうちに、気づいたら巨大な変化の渦に巻き込まれているという過程を辿るのでしょうね。
ま、完全にこじつけやけど。

図表上の「日本2.0」と「日本3.0」を「トランプ」と「クリントン」に書き換えても大まかな方向性としては意味が通じるように感じてしまうのですが、変化に至る道筋は決して直線ではないのでしょう。
明治維新や敗戦に匹敵する節目として現状で最も可能性が高いのは自然災害、次いで戦争・紛争といったところでしょう。世界史に学べば供給の極めて大きな毀損がなく現在の延長線上で財政が破綻することは考え難いですが、自然災害や戦争・紛争という事態になれば、これに付随する形で財政破綻となる可能性は十分にあり得るでしょう。ただ、実際にそのような事態に直面すれば、社会的パニック状態となって財政破綻云々については気にしている暇はおそらくないでしょうが・・・。

これを踏まえて本記事で提示されている「日本3.0」を考えていくと、「多くのチャンスに満ちた時代」というのは一面としてはその通りですが、それ以前に自分自身を含めた日本国民の生死に関わる問題であって、これに対する覚悟がまず問われるものだと思います。

一方、こうした自然災害や戦争・紛争といった事態がない場合、現在の延長線上でも人口動態は予測されている通り少子高齢化、人口減少が進んで行くことになりますが、その変化は急ではなく比較的緩やかなものと捉えることができるでしょうし、また目先財政破綻となることもないでしょう。

新年早々暗い論調で大変恐縮ですが、一年の計は元旦にありで、計は最悪の事態を想定して練っておく必要があるものだと思います。ということで、気を引き締めつつ、本年もどうぞよろしくお願い致します。
編集長が新刊を出すのを今知った元旦(笑)。規制緩和の効果が出ないまま2020年。そこが深刻だと思います。金融政策や短期的な財政政策でどうにか景気を、維持、ないしはわずか浮揚という状況。

その間に世界はどんどん変わっています。日本における奇妙なナショナリズムでなにかとやり玉に挙げられる中国ですら、どんどん変化を遂げています(良かれ悪しかれ。ただし、変化に向かう強いベクトルがあることは確か)。日本が「縮小均衡で心地よい社会」になっていくのも1つのあり方かもしれませんし、どうにかなっていってしまうでしょう。

新興国は力強いダイナミズムの反面、絶望的な格差がビジュアルではっきり分かることがあります。超高級住宅とそこで働く最低賃金ギリギリの労働者であったり。競争は競争で、勝ち負けが生じてそこに耐えるにはそれなりに強い精神が必要。

競争をさしてしなくても、質の高い生活が概ね保障されている日本(貧困問題など既存制度の落とし穴のような問題は大きくなっていますが)。一見、外国を意識しなくても生きていける環境というのは、世界中見回しても日本ぐらいでしょう(本当は外国と深い関係にありますが、日常生活では意識しなくても問題がない)。ただし、これからは意識的に眼を向けなければ、「縮小均衡で心地よい社会」から、本稿でいう日本3.0的な日本にはなれない。

机上で議論するよりも、LCCやAirbnb、そしてそこそこの精度になってきたGoogle翻訳を使って、まずは世界各地の生の感触を触れることをお勧めします。そして、その経験を絶対視はせずに相対化する力。それで本質が見えてくると思います。

日本に入ってくる外国情報は、日本語になった時点で元の情報の一部にしか過ぎませんし、翻訳者や分析者のフィルターをとってしまっています。もちろん、一部には日本語で正確な情報を発し続けている人たちもいます。そうした人たちを手がかりにしながら、外国の現場感を感じることで、日本の良いところ、そうでもないところ、すぐにでも変えなければいけないことがクリアに見えてくるのだと思います。

今年は、これまで以上に人の移動のコストが下がり、ハードルはゼロになるでしょう。日本のパスポートは幸い、ほとんどの国にノービザ、または到着時ビザで行くことができる、世界最強クラスです。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア