新着Pick
342Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつて労働力の需給調整は、出稼ぎや期間工、パートが担っていた。それが労働者派遣や業務請負業に取って代わり、一時期は低賃金、労務管理問題等があったのも事実。その後淘汰があり、現在生き残っている有力な派遣業では、労務管理もしっかりし、高技能者、専門技術者等もいて、頼りになる。多様な雇用形態の一つとして定着した人材派遣業だが、IoT等での労働の変化の中で、どう変わっていくかは楽しみ。
次回の話です: 日立とシーメンス。相当の分野で競合関係にある会社同士ですが、日独という異なる環境にも関わらず、「もの作り屋が考えるAIへの哲学」的な非常に共感の持てるお話ができたと思っています。唯一の心残りは、もっと一緒に矢野さんと話したかったことでしょうか。
約1万2000名もの技術者を自社で雇用し派遣することで、製造メーカーを支えている企業が存在しているとはこの企画に携わるまで知りませんでした。
最近では雇われた技術者の教育もいろいろな企業と連携して、日本の製造業を支えているとのこと。

当企画はこの記事に加え、プロピッカー有識者対談、トップインタビュー、キーマンインタビューと4本立ての豪華企画になりますので、ぜひこんな事業があったんだと知っていただければと考えています!ぜひ読んでみてください!
プラザ合意からジャパンバブル、金融ビッグバン、ITバブル、いざなみ景気、リーマンショック、3.11、東日本大震災と経済変化と製造業は常に向き合ってきた。外部環境変化に対応が遅れた企業は淘汰され、体力勝負となったリーマンショックでは中小企業は痛み、東日本大震災ではSCMが寸断された。こんな中で経営者は絶えず苦しい選択を余儀なくされてきた。製造原価低減が長く課題となり、労務費は固定費から変動費化され、人数も必要最低限まで縮小された。筋肉質と言えばそれまでだが、これにより社員は疲弊し、開発品質、製造品質は確実に低下した。悲惨な場合は、要求品質の製品が作れなくなった企業もある。更に問題は続き、企業による不祥事が相次いだ。不正計上や大規模リコールである。

これらは経済変化に対応し、製造原価低減(記事では労務費)に必死で取り組んだ結果である。否定もできないが、多くの問題を抱えている。今日では為替も好転し、株価も上昇、営業利益も稼げるように戻った。是非このタイミングで労働量と賃金を見直して欲しい。これは企業の課題であり、日本政府の課題でもある。官民一体での取り組みを期待したい。
日頃、『右脳人間』と言われる事が多いので、、、職業柄、左脳能力を高めたいところです(*´ー`*)
平準化は、TNGAと思想が近いかと。
UTグループ株式会社(ユーティーグループ、UT Group Co., Ltd.)は、東京都品川区に本社を置くものづくり分野での人材サービス事業などを統括する持株会社である。2007年(平成19年)4月2日、日本エイムとエイペックスの株式移転により誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1,287 億円

業績