新着Pick
636Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日本が再び世界の製造基盤になる」という、(最近ではあまり賛同されないであろう)途方もない夢を持っている。

中国の赤いシリコンバレーの勃興凄まじく、新興国との製造のコスト競争力も厳しく、日本が製造立国だったのは今は昔、という認識だった、石原さん達にお会いするまでは。
しかし実は違った。
私達はネット産業に集中して11年投資・応援してきたので、製造業の現場で何が起きているのか、よく知らなかった。あまり活字にもなってない。
しかしキーエンスの凄まじい好業績(売上4000億円、営業利益率50%、時価総額4兆円以上、海外比率50%以上)には畏敬の念を感じてきたし、MONOTAROのような躍進例が気になってはいる。

アペルザさん達との出会いで、この製造インフラ・産業は、世界に押し出していく事が出来る、最大の輸出産業をもう一度世界に冠たる産業としていく、これは十分可能な事だしまだ間に合う、という確信を得た。
今度は、インターネット技術を駆使して、だ。
もともと極めて高い技術力と人材の集積があるが、このままでは世界から徐々に遠ざかって縮小していく、その流れをインターネット技術で変えていく。
米国にもドイツにも負けない勝算がある。
そのためのチャレンジをアペルザさんと、GMO VenturePartners、及び決済等GMOインターネットグループとしてやっていく。

インターネット×製造現場 の革新。
IoTとかインダストリー4.0とか、そのすべてに回答を用意していく。
ミスミなどとの違いは、おそらくミスミ(よりイメージしやすいのはトラスコ中山)とかは商社機能として一旦自社で在庫している部分があると思う。あとはそれに伴う物流センターやシステム開発。スタートアップとしてやっていること考えると、資本もそこまでないだろうと思うし、情報提供(送客)するというビジネスモデルだと思う。だから「カカクコム」という言葉が出てくる。そうはいっても、実際にHP見てみると各社サイトに送るのではなく、EDIで各社のDBと接続しているように思う。
ただカカクコムと比較して、記事にもあるように産業資材は品数が多い(ミスミの「半製品」モデルもそれが背景だったはず)。カテゴリとしても湧けにくいと思い、各社のHP(アペルザ、MISUMI-VONA、オレンジブック)見ても、商品カテゴリの分け方が結構違う印象(各社が強い領域の違いも影響しているとは思うが)。
他社のECサイトと比較した時に、他社はワンプライスに対して、アペルザは色々なサイトから集めているので価格が色々。あとは、使いやすさは、実際に使っている人にとってはどうなんだろう?
提供者としてはMonotaROなどがPB含めて一種暴れ回っているので、それに比べれば中抜きして自社で提供するほうがマシと思うメーカーや商社がいるかもしれない(商社もここに出品している)。
次々と投資先が成功するGMOVPさん。アペルザさん、大きな市場をとらえて、発展しそうですね!

製造×インターネット。
『タブーを恐れず製造業の聖域に踏み込む「アペルザ」の挑戦』
https://newspicks.com/news/1694811

ASCII.jpの記事をPickした時は反応が少なかったのですが、資金調達のニュースがあると反応が違う。記事の内容的にはASCII.jpの方が踏み込んでいて、詳しく書かれています。当時もコメントしたけど、モノタロウとの競合は避けられないですね。
カタログや技術資料をメーカー横断で提供する「Cluez(クルーズ)」と、比較サイトの「Aperza(アペルザ)」が重なり、1つのプラットフォームで情報の取得、比較・検討、購買をワンストップで実現する
部品に特化するという面では非常に可能性がありそうですね。B2Bのグローバル展開となると、発注後からビジネスまでのマネジメントも必要となるので、現段階でオンラインで完結は難しいかもしれませんがポテンシャルはある分野だと思います。

是非、今後に期待したいですね。
この会社知らなかったけどすごいな。
我々同年代の「モノづくり」の人間にとっては全く理解不能かもしれませんね。