新着Pick
421Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
取り上げていただきました、佐藤です。大変貴重な機会を頂戴し、普段考えていることを記事にしていただきました。こんなにたくさんの方に読んでいただき、ピックいただき、温かいコメントをいただき、感極まっています。

相手に何かを伝える方法はいろいろあって良いと思っていて、「誰も傷つけないことを目指す」というのは私に合ったやり方かも!と今のところは思っています。私がそう表明することによって、他の方が誰かに何かを伝えることについて色々と考えてくださったのなら、こんなに嬉しいことはありません。

何だか大そうな話題になってしまいましたが、NPにはまってしまったのは記事にある通り単純に楽しいからという理由に尽きます!今も半身浴しながら書いてます!笑

このコメントも簡潔な文章で書けないあたり、全然まだまだです・・・。いろいろな偶然が重なって私の生活の一部になったNP。これからも楽しみながら皆様に勉強させていただきます!!!
CDIの後輩の佐藤さんのインタビュー記事。インタビューでもありますがFacebookで「お、唐突にどうした?」という感じの長い深い論考を書くなどしていたし、以前ご紹介したような採用関係のコラム(https://newspicks.com/news/1150677)を書くなど、文章を書くのがうまいので「書いたら?」と勧めていたのですが、「ニュースがあんまり好きでないんですよねー」ということで後ろ向きだったのが、いまや、ハマっていた黒猫とウィズをやる暇もなくなるくらい寝ても覚めてもNPを覗くプチ中毒状態、とここ数ヶ月の変貌ぶりに驚いてます 笑
対人は柔和な感じですが「有名になりたいです!」と臆面もなく言える一面もあったりします
プロジェクトを一緒にやることが多く、知識や視点が似ているところも多く、かつ早起きでコメントを書くので、「お、これ書こう」と思うと先に彼女が書いてしまっているのが最近の悩みですかねー
「誰も傷つけないコメント」とはタイムリーかつ素晴らしい信条ですね。
私も佐藤さんのコメントを楽しみにしています。
流通関連のニュースに幅広くコメントできる優秀で稀少なピッカーさんであり、ぜひともNewsPicksにおけるチワワの後継者をお願いしたいです。
アナリストは所詮はアウトサイダー(評論家)ですので、なかば「中の人」として顧客企業に寄り添うコンサルタントさんの知見からは大いに学ぶところがあります。
それにしても、わずか5年のキャリアであれだけ博識なコメントをなさるとは、おそるべしチーム占部…(CDI)。
それから、文末に名前をあげていただいて恐縮ですが、やはり私の名前には末尾に「(チワワさん)」が付くのがデフォルトなんですね。
京都オフのネームプレートもそうでした。
「実は、難しいことを難しく語るのはそんなに難しいことではないんです。本当に難しいのは、どんな提案や戦略でも、相手の頭にすっと入るように伝えること。この表現力はコメントを書くときにも活かせる部分だと感じます」とあるが、その通りだ。

僕も同様に、可能な限りシンプルなコメントをするよう心掛けている。というのも、たくさん伝えることは伝え手の身勝手に過ぎないからだ。情報はたくさん伝えられれば伝えられるほど、読み手は混乱する。何が重要なのか、どんどんわからなくなる。だから、シンプルに伝えるというのは、相手に対する思いやりがあるということだ。その訓練に、NewsPicksはぴったり。

佐藤さんは、最近コメントでお見かけする機会が多く、どういう方なんだろうと思っていたので、正にGood timingの記事。「傷つけない」という素敵な考えをお持ちの方であり、これからもNewsPicksでご活躍頂きたい。
コメントをする際に「誰も傷つけない文章」を心がけているというのは素晴らしいですね。
自分自身、個人攻撃や誹謗中傷には絶対にならないようにと気をつけていますが、これらに該当していなくてもどこかで誰かを傷つけている可能性があることまでは正直思いが至っていません。この点は少々自省する必要があるかと思いました。

コンサルタントとして「誰も傷つけない」を信条として「徹底的に相手に腹落ちさせる」というのはかなり高いハードルですね。実際にお会いしたことがないので存じ上げないですが、これを建前やきれいごとで終わらせずに日々実行し、クライアントがそれに満足しているのであれば、本当に凄いことです。

ところで、このNP”コンフィデンシャル”は毎回楽しく拝読していますし、自分自身、インタビューしていただいたこともあって、今後より一層回を重ねて良い連載にしていただきたいと思っています。そこで、実名、匿名を問わずに長らくコンスタントにコメントを継続されている方にもスポットを当ててインタビューされたほうが良いのではないでしょうか。これは、これまでの人選に不満があるということではなく、個人的にこうした方たちにとくに関心があるということです。私と同様の考えの方が複数いらっしゃったら、ぜひ検討していただきたいですね。
誰も傷つけなくても、相手が納得していない、腹落ちしていない場合も多々あります。相手にもプライドや譲れない一線がある場合は特に。そういう状況や問題でも「誰も傷つけない」ことができているなるなら、同じ職種の人間として完敗ですね…。

やっぱり世の中、上には上がいるもんだ。
オフ会がきっかけでアクティブユーザーになるって、なかなか珍しいケースですね。

誰も傷つけない文章、表現というのは、理想として持っておきたいです。自分自身コメントを書く時に、少しでも提供できる視点があればということと、あわせてコメントを読んでくれた人が少し楽しんでくれたら、と思っています。

とはいえ、想いが強いとつい強めの表現を使ってしまいがち。私の場合、大学関係の話ではどうしてもその傾向が…。

なので、この場をかりて。文科省の中の皆さま、いつもきついコメントして、ごめんなさい。佐藤さんを見習って、もっと表現力鍛えます。

追記:
江頭さん、確かに江頭さんご自身が得られる情報として有益かどうかは私には分かりません。ただ、建築に携わっていない人間として、江頭さんのコメントから学ばせてもらっていることは非常に大きいです。なので(声を大にして)超お役に立ってますよ〜!
失礼ながら佐藤さんを存じ上げませんでした。
フォローさせて頂きます(^^)

コンサルタントがNPやるメリットとかはわかりやすいのでエンジニア等のインタビューを希望します(^^)
オイラは野良ピッカー♪そんなわたしにとってNPは「知的暇つぶし」。意識低くてすみません。

だから「NPコンフィデンシャル」に登場するピッカーさんのようにNPに「能動的な積極性」を持って参加しているなどとはとても恥ずかしくて言えません。NPから得られるものは読書やビジネスパーソンとの議論から得られる刺激や知見とは別なんです。なので「情報デッキのNPアゲアゲ」の意見なんて口が裂けてもいえません。

しかしだからといって決してNPを軽んじている訳ではありません。NPというデッキを維持してほしいからきちんと課金もしていますし多様なピッカーさんの多様なコメントから学ぶこともたくさんあります。

だから持ちつ持たれつの精神で自分の経験が活かせそうな話題ではなるべくコメントするようにしています・・たとえばおっぱいとか(←冗談です!)。
今日は「コメントする」「異なる意見を持つ」「議論する」と「傷つける」「否定する」「感情的になる」が、下記記事での多くのコメント含めて、考えが深まる。
「傷つけない」というのは、自戒も込めて重要だと思っていて、その姿勢を尊敬する。記事を読めば変わるように、「傷つけない」ということは「相手と異なる意見を述べない」ということとは異なる。ただ、相手がどうして異なる考え方をしているのか、そのうえで自分が違う意見を持っているのはなぜかというのを深めること。そして異なる意見を伝える場合でも根拠をもって伝えたり、少なくとも相手が不快になるような言葉を避けることを明示的に考える姿勢という点でとても重要だと思う。
もちろん、意見が合わないことは価値観の違いがある場合も少なくない。そして人間だれしも価値観が異なる場合、それでも上手く人と上手くいかない人がいると思う。上手くいかないなら、距離を置くことも重要。少なくとも上手くいかない人に、さらに感情的になってうまくいくことは少ないと思う。それでも一緒にやることや考えを伝え続けなくてはいけない場も生きていく中ではあるが、Picks自体はそういう場ではないと思っている。
NewsPicksが意見の相違はあっても、利用される方にポジティブなプラットフォームとなっていくために、こういった点を心掛けて使っていただけること、個人的にはとてもうれしいし有り難い限りです!
https://newspicks.com/news/1913966
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。