まず100人のファンをつくれ

2016/11/29
中小企業向けの意見投稿プラットフォーム「Talkbin」の創業者として、自らもYコンビネーターから投資を受け、わずか半年でグーグルに売却した経験を持つユニス氏。エンジニアであり創業者であり投資家である氏が考える「成功するスタートアップ」の条件とは。
いかに品質を高めるか
──Yコンビネーターの卒業生であるAirbnbのCEO、ネイサン・ブレチャージクに2015年にインタビューした際、彼はYコンビネーターから学んだ「まず、100人に愛されるものをつくりなさい」という教えを守って成功した、と言っていました。この教えの真意は何ですか?
この教えは起業したての若い会社に向けたものです。多くのスタートアップは、いかに自分の製品やサービスをより多くの人々に気に入ってもらえるかを考えがちです。でも本当に大切なのは、その製品やサービス自体の質です。
仮に、今あなたがコーヒースタンドを始めたとしましょう。そして、「東京中の人々に愛されるコーヒーをつくりたい」と考えたとする。でもそれは、いきなりでは不可能です。1000万人の好みを理解しようなんて、土台無理ですから。
でも「まずは、近所の5人の人々に愛されるコーヒーをつくりたい」と捉えると、あなたはその5人からフィードバックをもらえるようになるでしょう。つまりあなたは“5人”というマーケットの声を、直接聞くことができるのです。
逆に、これがもっと大きなマーケットだった場合、あなたはその声を聞くことはできません。