新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のIT人材は確かに高騰しています。アリババでは一部の新卒IT人材を年収60万元(約1000万円)で採用しています。ただ、それでも全体としてシリコンバレーほどのバブルにはなっていないので仮にシリコンバレーの人材がビザなどの理由で居られなくなって流れてくるなら願ったり叶ったりでしょう。日中のIT人材の差も大きいように感じます。中国では国内やアメリカに留学してシステム工学、情報工学を学ぶ学生が多く、更にその一部がアメリカの大手IT企業に入った後に中国に戻ってIT企業に入ったり自分で起業したりしています。日本では文系からIT企業に入り、システムエンジニアになる人がやたら多い印象です。
結果、鶏が先か卵が先かの問題はありますが、中国の年間VC投資額は2015年に370億ドル(4.17兆円/bloomberg引用)で日本の32倍でした。
これらの要素はサービスレベルに反映されています。WechatとLINE(日系ではないとも言えますが)、ctripとHISまたはじゃらん、天猫と楽天、滴滴と日本のタクシーアプリなどを比較するとその差は歴然です。
トランプ次期大統領が、テクノロジーやITに疎いほど、地球の裏側にある中国のIT企業の経営者たちはさまざまなチャンスがやってくると見ているようです。シリコンバレーに多数いる中国系人材だけでなく、おおくのタレントが中国に流入するかもしれません。

躍進するバイドゥ、シャオミ、テンセントの経営トップたちの生の言葉が、いまの中国の勢いをそのまま表わしているように思いました。
トランプ氏によって影響を受けると思われる層は不法移民が中心。それを規制しようということを外から文句を言えないので、ちゃんと正規の移民手続きを取るか、はたまた中国に戻るか、は自然の流れでしょう。
中国のテクノロジー技術は世界最先端レベル!多くの人が躊躇する理由はやはり大気汚染だろうな。
ここぞとばかりに、中国企業の幹部はシリコンバレーに飛び、一生懸命ヘッドハンティングをしていそうです。
むしろ日本に頑張ってほしい…少なくとも空気や治安といった生活環境では相当に戦えるはず。
世界的な人材競争。ただ言えるのは、教育分野としてはまだまだ米国が牽引しているということ。
やはり教育分野と企業の大きな流れがあり、国力に繋がるということだろう。
正規ビザの発給がどこまで引き締めになるかが注目ですね。不法移民は国外退去させて当たり前ですから。今までもやってきたことだし