新着Pick
387Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日1日、自分を大切にできたかどうか確認するためには寝る前に自分にこう問いかけてみてください。

「同じことを恋人にもさせれるか」
「同じことを恋人にも言えるのか」

もし恋人に同じことはとても出来ないようなことを自分に強いているならば、それは自分を大切にできていない証拠です。そのままでは自己実現も対人調和も遠ざかり、幸福度が下がってしまうので注意が必要です。
睡眠時間は個人差があるので何とも言えませんが、6時間というと不足だと感じます。
受験生には、決してオススメできない時間ですね。

「仕事」「家事」が挙げられていますが、私はSNS等が大きいと思います。
長銀勤務時に11時に独身寮に帰って食事して入浴して12時過ぎに寝て7時前に起きる…これでも6時間以上は睡眠は確保できました。

今の時代、情報の供給過剰です。
上手くさばき切らないと自由時間がなくなってしまいます。
睡眠不足は、単に健康に良くないだけでなく、認知機能が低下するので、仕事の能率も悪化します。
経営者は、従業員に十分な睡眠を強制的に取らせるぐらいのことをすべきです。

ただし、早く帰宅させても、スマホで夜更かしされたら、経営者は、どうしようもないですね。
最も現実的なのは、昼食後、20分の昼寝をさせること。
認知機能が回復し、知的生産力が向上するというデータが出ています。

改善を図りたい企業様!
ぜひ、私を医事顧問に採用してください!!!
「仕事」、「育児」、「家事」をすべてちゃんとやろうとすると、こうなりますよね(笑)どこかで自分の能力との折り合いをつけないと、自分がボロボロになってしまいますね。
寝たほうが身体にいいよ
人より3時間以上睡眠時間が少ない私は、一週間は人より一日多く、一年は人より一ヶ月長い。短睡眠でも元気ならショートスリーパーは儲けもんだと思う。
安易に現代人が仕事しすぎだからだ、とは言えない案件。
スマホの普及が睡眠時間、質の低下を招いていることは間違いない。
寝る前にスマホを使うなと耳が痛くなるほど言われても結局守らない人は守らないのです。
睡眠が不足すると、吐気、頭痛、眩暈が起き、精神に多大なストレスを与えます。また、にきびができたり、太りやすくなります。
少し気を付けるだけで、QOLが相当あがるはず。
個人的には「Twilight」というアプリで夜間はスマホのブルーライトを遮断しています。
自業自得な結果にならないよう、周りの人を啓蒙していきましょう。
育児と家事と仕事を全てやることはできない。死んじゃいます。私の友達、お弁当づくりで5時起きとかですよ。
女性は育児や家事で寝られないのに、男性は育児や家事が理由に入ってこないということは、男性は睡眠に影響するほどには育児や家事をしていないからですねぇ。
単身だと楽な家事も、二人分以上になった瞬間負荷がぐっと増えるんですよね。なぜか。
先日の一流の睡眠でもありましたが、睡眠から一日を考えるという思考が一番効果的に睡眠時間確保ができるように思う。
【健康】私は大体5時間半から6時間半の睡眠時間を確保している。ここ数年はSleep Meisterという睡眠分析アプリを使って眠りの深さもチェックするようにしている。サウジにいた時はベッドが合わなかったことや、緊張感からあまり深い眠りを確保することができなかった。日本に帰ってきてからは安心感からかかなり良質の睡眠を確保できるようになった。

短時間でも良質の睡眠を確保したいのであればベッドにこだわった方が良いと思う。今までの経験ではSealyやSimonsといった高級ベッドとの相性が良かった。良質な睡眠にこだわるならば、それなりのお金を出してもベッドにこだわる価値はあると思うよ。