• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米大統領選、トランプ氏猛追=メール問題再燃予断許さず-クリントン氏逃げ切り狙う

194
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • ビスポークパートナー株式会社 代表取締役

    結局、トランプ氏が絶対に負けるって確証がない限り、「ヒラリーが大差で勝ってます」と言って負けたら、「お前らの世論調査はどうなってるんだ?」っていう信頼感の失墜に繋がるので、どっちが勝っても良いように最後は「猛追」みたいな言葉を使って接戦に見せかけるのがスジ、と知り合いが言ってましたが、まさにその通りの状況かと。

    ただ、日本のマスメディアはCNNのニュース記事を重用する傾向があるので、注意が必要かもしれません。ネットを見ると、あまりに報道が偏っているのでCNNを「Clinton News Network」って皮肉ってるアメリカ人もいました。

    <追記>
    ジャーナリストの宮崎 正弘さんの記事によると、「ヒラリー・クリントンとの差は僅か1%にまで猛追している。通常の誤差の範囲は5%だから、事実上、逆転しているのではないか。」とのこと。

    トランプの集会は立錐の余地がない一方で、ヒラリーの集会には空席が目立つことをマスメディアが伝えないため、なかなか客観的な判断ができないのも事実かと。


  • いよいよ11月8日が投票日で今週が最後の週末です。直近報道されている世論調査をざっと纏めると、僅かにクリントン氏がリードしているところが多いですが、時系列で見ると差は縮まっています。Brexitも直前まで残留が優勢との報道でしたので、開票日まで予断を許しません。
    ワシントン・ポスト、ABCテレビ : クリントン氏が4ポイントリード
    ロサンゼルスタイムズ : トランプ氏が4ポイントリード
    FOXニュース : クリントン氏が2ポイントリード
    BBC : トランプ氏とクリントン氏が同率
    ニューヨーク・タイムズ、CBS : クリントン氏が3ポイントリード
    インベスターズ・ビジネス・デーリー、TIPP : トランプ氏とクリントン氏が同率


  • 白百合女子大学

    なぜヒラリーがエスタブリッシュの代表扱いでトランプはそうでないのかがわかりません。
    トランプ氏は政治家ではなかったから?
    でも、トランプ氏だってはお金持ちのボンボンで、資本主義の権化みたいなものではないですかね。
    中流以下の気持ちなんてわかろうともしてないでしょうし(それはヒラリーもでしょうけど)、それどころか中流以下の人達は騙しやすい票田としか考えてなさそうだけど。
    昔JFケネディは「国に何をしてもらうかではなく、自分は国に何を出来るかを考えよう」と語りましたが、今は皆国に何をして貰うかばかり考えているように見えます。
    だから「トランプなら以前の偉大なアメリカに戻してくれる」とか言ってしまう。
    おいおい、国民一人一人が努力しなけりゃ何も変わらないよ。
    誰かになんとかして貰おうという国民ばかりの国では偉大な国にはなれないでしょう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか