新着Pick

小池知事支援の区議7人、処分先送り…自民都連

読売新聞
自民党東京都連は30日夜、党本部で幹部会合を開き、7月の都知事選で党の方針に反して小池知事を支援した豊島、練馬両区議7人の扱いを協議した。
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
期限付きの離党勧告を先送りにするなど、理論的には不可能です。とにかく筋がまったく通っていませんし、このような対応を取る自民党都連に首都東京の政治を任せるわけにはいかないと強く感じます。
そもそも論として、小池知事や若狭議員を除名処分していないのだから、その下で手伝っただけの区議だけを処分するのは理屈に合わない話です。全面戦争するのであれば、小池知事をも除名すればいいのではないかと思いますが、そうでないのだったら、皆を同じ扱いにすべきなのではないでしょうか? 腰が定まっていない印象を受けますし、そんなことでは、衆議院選挙などでも東京都選出の自民党議員は支持を受けられないのではないかと老婆心ながら心配します。
小池知事の支持が高いので、処分できなかったということですね。

「たら、れば」を言っても仕方がないですが、最初からあのようなエゲツナイ手段を取るべきではなかった。
庶民感情が離れていくのを予想できなかったのでしょうか?
自民党都連は完全に迷走してますね
処分するとバッシングで自分達の身が危険。
処分しなければメンツが立たない。
小池知事が状況を見つつ判断先延ばしとは、都合のいい政治屋ですね。
「無理を通せば道理引っ込む」、ということですね。何が道理か分からない無理だらけの都連の足下をちゃんと都民は見ております。

人気がでちゃうと批判の拳を下ろすななら、最初から面子とか、沽券とかいじめとかが蔓延する組織主義なんてやめちゃえばいいのに。
これで永遠の先送りが確定。自民党の叡智を感じる(皮肉だけど。)。
ともすれば結論を出したくなる主題に対して、先送り、棚上げという選択はまさに老獪で自民党らしいともいえる。様子見。