【横山×大室】優れたリーダーは“足りない部分”を認めている

2016/10/30
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストは産業医の大室正志さん。ビジネスパーソンが抱えるメンタルの課題から、産業医の観点から見た優れたリーダーの資質などについてレクチャーする。
若い世代が抱えるメンタルの課題
横山 今、若い人の間では、メンタルに問題を抱えている人は増えているんですか。
大室 増えていますね。昔から、大人になるためにはイニシエーション、いわゆる儀式を経てきました。たとえば、武士の世界では、元服してまげを揃えるようなことです。
今だと成人式がありますが、もっと手前の「部活に入ること」もそれに当たります。部活に入ると、急に先輩の言うことは絶対になって「カレーパン、買ってこい」と言われますよね。
こうした上下関係に基づく環境変化って、最初はキツいんだけど、だんだん慣れてくる。人はそういう経験を重ねて、大人になっていくわけです。
本来は、それを経て新入社員になるんだけど、今では先輩後輩の上下関係がフラットで、漫画でたとえるなら「巨人の星」ではなくて「ワンピース」の関係です。つまり、「横の繋がりでやっていこう」という関係性ですね。
それは良いことでもありますが、少なくとも多くの会社では明確な上下関係がある。そこを経験していないため、新入社員になった段階で、アレルギー反応を起こしちゃう人もいます。
横山 「こんなはずじゃないのに」って思ってしまうんですね。
大室 慣れていないもんだから緊張しすぎちゃって、ここはリラックスしていい時間という時でも、信号待ちでエンジンをふかし続けるようなエネルギー消費をしてしまう。オンとオフの緩急がつけられないと、すぐ疲れて、人によっては病んでしまうことさえあります。
横山さんは、AKB48の環境にすぐ適応できましたか?