新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

198Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国はフィリピン人に「独立させてやるから」と騙して宗主国のスペインと戦わせて、スペインが降伏すると米国は約束を反故にしてフィリピンを米国の植民地にしました。当然怒ったフィリピン人が抵抗すると軍隊を出して彼らの虐殺を始め、彼らの家族も捕まえて家に火をつけ拷問して殺しました。

米国スペイン戦争は1898年4月に始まり8月にスペインが降伏していますが、戦争はなぜかその後4年も続き、1902年に終わっています。何をもって終わったか、というとフィリピン人の抵抗が鎮圧された、もう米国の植民地支配を認めますといった時まで続いたことを意味しています。しかも、その4年間で米国はレイテ、サマールの2つの島の島民を皆殺しにするなど「20万人のフィリピン人を殺した」と上院の公聴会の記録に残っているほどです。

だから、フィリピン人がアメリカ人に「お前ら、どんだけ同胞を殺したんだ」という権利はあると思ってます。
フィリピン政治を理解する上で「左翼」という言葉は重要なキーワード。左派が、この記事にあるように、既得権益層に対して異議申し立てを行う。この記事の視点は面白い。ドゥテルテについて、センセーショナルに取り立てるだけの記事は読む価値がない。そうした記事の書き手は何を意図しているのか。センセーショナルに書いて読まれればそれで良いのか。その結果、フィリピンに対する不正確な理解が、正確な理解を凌駕してしまいかねない。
これは大変役に立つ記事です。フィリピン政治における非主流派に属し、社会主義者でナショナリストでもあるドゥテルテ大統領が、かつてないフィリピンの姿を見せている。反米とか狂人とかレッテルを貼っていても仕方がありません。この国が新しい路線を取り始めた現実と向き合って、対フィリピン外交、南シナ海戦略を軌道修正していくしかありません。この状況で安倍政権がどんなアプローチを見せるのか、注目したいと思います。
日本ではドゥテルテをフィリピンのトランプとする安易な言説がはびこっているけど、そうしたエセ文化人たちはこの記事を読んで最低限の知識を身につけてほしい。
とても濃い内容でフィリピンに住んでいる私も勉強になりました。

話の中に「常に弱者に対する保護というスタンスを取る」とあったのが印象的です。今までの彼の言動もそう考えると理解できます。

麻薬犯罪や汚職を一生懸命取り締まるのも、中国や日本、そして強いアメリカと渡り合うのも、弱者であるフィリピンを必死に守っているのです。
本質は「リアリストの左翼」とありますが、私は強い父親のような感じがします。
大変勉強になりました。

ドゥテルテ大統領が何故多くのフィリピン人に熱狂的に支持されるのか?それは強権的な姿勢に対してではなく弱者に寄り添う姿勢故なのですね。

そして経歴や思想、政治手腕やその実績からも、小異を捨て大同を成すというリアリストの手法を貫いているとのことからも、日本の多くのマスコミで言われる「トランプ現象に通じる」は、全くの頓珍漢かつ表面的な解釈であることも明確に理解出来ました。

ドゥテルテ大統領に関しては、私自身思考停止状態でしたが、この記事は本当に勉強になり、思考停止状態を脱することが出来そうです。
自分の基本感は下記に書いた通り。身内についても悪いものは悪いと一貫しており、また実際の支持と合わせて多くの人々の「日々の現実」である治安が改善していることは、やはり善だろう。とはいえ「悪事に対して用いる手段」としてどこまで許容されるかは、何でも許容されるべきとは思えず、複雑な思いを持っている。
また発言については違和感を覚える。オバマ大統領への発言についても、「一体お前たち米国人はフィリピンで何人を殺したと思っているんだ」という部分は歴史を振り返るという点で一定の正当性はあると思う一方で、未来を志向して国民に利益をもたらすことをリーダーの役割と定義すれば、果たして正しかったのだろうか?また、「お前の母親は売春婦だ」という発言などは、完全に正当性がないものだろう。
https://newspicks.com/news/1748108?ref=user_100438
少なくとも地政学的見にると、ドゥテルテの登場は地域情勢を揺るがしかねないものと言わざるを得ません。また、法の支配や人権といった民主主義の根幹を成す価値観を踏みにじる現行の麻薬撲滅運動は、記事にある「闘争や現実に立脚した考え方」が背景にあったとしても到底、正当化できません。

 一般的に、ドゥテルテは「支持率が高い」と言われますが、過去のフィリピン大統領(ベニグノ・アキノやジョセフ・エストラーダ)も同時期にほぼ同水準の支持率があったとか。であれば「近年、最も支持されている大統領」とは少なくとも現時点で言いきれないでしょう。

 物議をかもす人物が登場すると、得てして「言われているほど悪い人じゃない」「誤解が多い」と反論があります。当然、一般的に報じられていることと違う側面をきちんとフェアに伝え、知られざる背景や事実を伝えることで理解を深めることは極めて重要で、ジャーナリズムに必要なことです。

しかし、記事にある背景があるからといって、国際社会から広く懸念されている問題が軽くなる訳ではありません。不幸な過去や歴史的経緯があったとしても、国家指導者による暴言が正当化される訳でもありません。
親分だね。
とても勉強になる記事でした。
粗暴な言動ばかりが取り上げられますが、これだけの支援を得るからには何か理由があるはず。その疑問に答えてくれます。
手法的にはやはり理解できない部分がありますが、自らの体験も含めて、弱者の視点を持っているところはやはりいいですね。
今後のフィリピンがどうなるのか、注目したいと思います。
この連載について
東アジア領域を専門とするNewsPicks特約コレスポンデントの野嶋剛が、グレーターチャイナ(中国、香港、台湾などの中華圏)を中心に、東アジアの今を解読していく。