新着Pick
441Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんか私1人だけ呑気な感想を述べている様な気がしますが、でも映画を見たらきっとフィレンツェやベネチア、イスタンブールに行きたくなりますよ。

あるいは、行ったことのある方なら、あっ、あそこ行ったことある!そんな場所だったんだ!っていう新しい発見があってワクワクするはずです。

それくらい、超有名どころの素晴らしい観光地が、次々と登場し、ナゾを解く鍵になっていくあたり、見ていてとても楽しく、最初から絶対映画化を狙っただろうと邪推してしまうほどです(笑)

そして、映画を見て、人口問題の解決策に興味を持たれたら、ぜひ原作もどうぞ。
天才の出した「本当の解決策」がそこには示されています。

一度で2度美味しい映画ですね。

(追記)
海部プロ曰く
「「人口爆発」で世界が終わるというシナリオは、ひょっとして時代錯誤かもしれません。日本だけでなく、21世紀後半には、「世界の人口が減少し始める」というマッキンゼーの予測を、先日ある会議で聞いたばかりです。」
そうです。その通りなんです。なのになぜ、って思うでしょ。
本当はそこに深い意味があるんですよ。だからこそ原作はね・・・・・・・その先はネタバレなので秘密です(笑)
いま現実で起きていることと重ねられる内容で、前2作と違った印象をうけました。深読みしてもいいし、気軽にアクションミステリーとしてもたのしめる映画でした。

映画の予告編は動画でみることが多いと思いますが、本記事では独自フォーマットをとりました。その分、原作で語られていて映画では省略されている点などを盛り込んでいます。

ちなみに、『インフェルノ』はダンテ『神曲』の「地獄篇」のことですが、日本に持ち込まれた際、全体の日本語タイトルを『神曲』と名付けたのは森鴎外だったそうです。
試写に来ていただいた皆さんがそれぞれのお立場から、人口増加問題、エンタメ感、ロケ地の豪華さ、原作との違いなど、様々な視点での感想をくださったおかげで、我々としても新しい発見がたくさんありました。Pickerの皆さんの知識の豊富さには本当に驚かされます。
ぜひ、映画館で観ていただきたい作品です。^^
試写会に参加しました。ISテロなど、現実が作品に近づいている印象でした。あと、この10年でもっとも変化したことはネットやGPSに関する描写かもしれません。2006年の「ダ・ヴィンチ・コード」では、ガラケーで検索するシーンがある程度でしたからね。
映画の内容をインフォグラフィックスで、そしてプロPickerを招いての試写会。面白い取り組みです。映画の内容も歴史であり社会問題であり謎解きであり、なんとなくNP読者層にマッチしそうな雰囲気もあります。
試写会で見た感想は先日、夏野さんの映画評記事広告(これも東洋経済への広告でビジネスマンターゲットというのが明確ですね)に書きましたが、息つく暇もない展開でずっと緊張しっぱなしで大変疲れましたが意外な展開もあり娯楽作品としてもよくできてると思いました
試写会で拝見しました。今そこにある危機、とも言える新たなテロ集団との闘いはとてもリアリティがあり、臨場感があります。
フィレンツェ、ヴェネツィアなどイタリアを舞台にアート、文学、いろんな記号を解き明かして行く過程にドキドキしました。
ドローンやカーシェアリングなど最先端テクノロジーが登場するのもわくわくします。
NP男子はいろんな蘊蓄をいろいろ解説できるのでデートにおすすめです!
これ見ましたが、めっちゃ面白かった。
こういった映画は結構頭がこんがらがって二回見ないとわからないってことがよくあるんだけど、インフェルノは一発ですっと理解できて楽しく観れました。
私はこのシリーズのファンなので、楽しみです。ただし、「人口爆発」で世界が終わるというシナリオは、ひょっとして時代錯誤かもしれません。日本だけでなく、21世紀後半には、「世界の人口が減少し始める」というマッキンゼーの予測を、先日ある会議で聞いたばかりです。
追記 劇場で見た方から、続々、感想をいただきありがとうございます!ぜひ、見た方は感想をお聞かせ下さい。くれぐれもネタバレにはご配慮を。笑

インフェルノをビジュアルストーリーでご紹介します!
一足早く、映画を拝見しました!1作目、2作目よりもおもしろいかも!誰が敵か味方かもわからない緊迫した状況で、息つく間もなく最後まであっという間の2時間。ラストは、映画バックドラフトを彷彿とさせる、炎の演出が圧巻です!
映画を見た後、ダンテの神曲の関連本を読みたくなりました。
私も試写会に参加させて頂きましたが、とても面白かったです。個人的には3部作の中で1番好きでした。