新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フードデリバリーアプリを毎週利用しているので、今回は中国フードデリバリー市場の状況と問題点をまとめました。
 便利さと安さは本当に魅力が高いと思う。スマホだけで、30分以内に多種類(中華、洋食、日本料理、タイ料理など)な料理を食べられる。配送料金がかかるが、補助金の割引で店内注文の価格より1~3割のお金も節約できる。

 競争の熾烈化により、多くのデリバリー企業がサービスを拡充している。フードに加えて、自動車部品、契約書、タバコ、生理用品などを購入代行・デリバリーできる企業も増えている。フードデリバリー企業から万能デリバリー企業へと進化していくだろう。

 また、フードデリバリー企業は中国における日系コンビニや飲食店にとって、脅威になるか、協働先になるか。今後中国市場の動向、また日系コンビニや飲食店への影響についても注目したい。
日本でもフードデリバリーは活況で、普通に二桁成長は実現できます。極論「作る」「運ぶ」の二工程だけなのですが、簡単なPL構造は下記が多いです。

①製造自社+配送外注
レストランのデリバリー付加型です。
売上:100%
原価:38%→包材込です
人件費:10%→製造人件費のみ。
物流費:30%→Uber等国内では平均30%
その他:5%
利益 :17%
を増分で狙うイメージです。しかし、厨房坪数×20万が製造の限界値なので、すぐに上限が来るのがネック。またこのラインを超えると衛生問題も生じるので、結果CK活用になります。

②自社製造+配送自社
店舗付加で限界がきて、CKを活用するパターンで、今増えている流れです。
売上:100%
原価:38%→包材込み
人件費:20%→人時売上は4000円ちょい
販促費:10%
物流費:8%→配送人件費はこちらで計上
水光費:5%
その他:5%
利益 :14%
を本業で狙うイメージです。リピートビジネスなので2年目には販促費が減り、営業利益20%も超えてきます。ただ、ネックは配送人員の採用です。一人辺り採用コストも6万を超えてきて、スケールに時間がかかってきています。

日本においては個店対応が多くプラットフォームが少ないので(あっても物流が弱い)、その点UberEATSの伸びしろに繋がっています。

普段長文は書かないのですが、めちゃくちゃ長くなってすみません。何かご参考になれば幸いです。
先日から東京でもサービスが始まったウーバーイーツを早速使ってみました。
頼んだのは、あの十番右京さんの超有名メニュー、トリュフ卵かけご飯。
しかも一杯だけ(笑)
今はスタートキャンペーンで、なんと500円なんですよ(お店で食べると量が違うとはいえ1700円もしますし、そもそも予約を取るのが大変です)

有名店の料理をちょっとだけでも、気軽に宅配来てくれるのが凄いし、そんじょそこらのチェーン店や宅配ピザと違った品揃えやプレミアム感もあります。

しかもアプリのUIも秀逸。
ウーバーと同様、今どの辺を配達しているのか、あと何分でくるかももちろんちゃんとわかります。

頼んで楽しいし、これ、病みつきになりそうです。
フードデリバリーでは日本より中国が先を行っているようですが、最大の理由は値段の高さだと思います。
O2Oのデリバリー専門企業だけでなく、宅配ピザからして値段が高い。米国では1枚5ドルのチェーンもあるのに、日本では中食というよりほぼ外食の価格。
マックデリバリーのように外食企業がデリバリーをやることも多いですが、店舗運営が優先なので効率性の点からやや疑問は残ります。

その意味では、UberEATSのようなデリバリー専門の市場は拡大余地が大きいと思っています。
現時点では配送料がかなり高いので、運営方法と収益性など課題は多い。
中国のような補助金(クーポン)は論外でしょうが、配達料定額は取り入れてほしい制度です。
スマホサービスが欧米以上に浸透している中で、フードデリバリー市場でのシェアが1.37%というのは、個人的には案外低い印象。「作りたての料理」を好む食習慣という記事起債をベースとすると、食産業全体でデリバリーが占める比率が低い可能性はあるが、デリバリー自体の中ではスマホがもっと高くてもいい印象。
あと、堀部さんのコメントが参考になる(有難うございます!)。やはり配送部分がキー。そして配送・物流という観点では、様々なニーズにピークがある。例えばオフィスへの宅配便については、昼はむしろ不在の可能性が高いかもしれない。そういったピークの上下と、ニーズの上下を、固定的な人員と変動的な人員(時間限定での稼動)、どうバランスしていくかがキー。ただ、配送容器や集荷から宅配までに求められる時間(高温でないものはラグが許容されるが、高温・出来立てはそうはいかない)のニーズから、常温・冷温輸送とは異なるノウハウ・リソーシングが必要なのだろうと思っている。
総需要量や距離などの意味合いで、個人的にはフードデリバリーは大都市が中心のビジネスだと思っています。配送の仕組みそのものの工夫は必要になりそうです。
デリバリー以外でも、近くにある観光スポットや娯楽施設調べたり、映画のチケットを買ったり色々できる
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
465 億円

業績